pagetop

本 江戸和竿職人歴史と技を語る 竹、節ありて強し

ほしい!に追加 twitter
本-江戸和竿職人歴史と技を語る 竹、節ありて強し
著者: 松本三郎 (著)
かくまつとむ (著)
定価 ¥1,404(税込)
BOOKFANポイント: 65 pt
or
Tポイント: 39 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 平凡社
シリーズ名 平凡社ライブラリー 580
発行年月 2006年 07月
ISBNコード 9784582765809
版型 --
ページ数 278P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

松本三郎 OFF
かくまつとむ OFF

内容紹介

和竿作り一筋七十年の職人が、六代にわたる江戸和竿総本家「東作」の秘伝を公開しつつ、和竿という素晴らしい日本の技術と歴史を、そして竹と人の文化の豊かさを、あますところなく語りつくす。
後世に遺す、誇るべき職人文化の深奥の記録。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 江戸和竿職人の生活/第2章 竹という素材/第3章 竿を作る/第4章 江戸前釣り師の竿

著者情報

かくま つとむ
鹿熊勤。1960(昭和35)年、茨城県生まれ。文筆家。釣りを含む自然遊び、環境問題、伝統文化、手工業、農林水産などの分野で、活発に取材を展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
松本 三郎
1920(大正9)年、天明年間から続く竿師「泰地屋東作」四代目の松本政次郎の三男として、東京の下町、稲荷町に生まれる。尋常小学校卒業後、父親に弟子入り、和竿と江戸・東京釣り文化の保存に取り組む。ことに塗りの技術にこだわり、新風を吹き込んだ。五代目の長兄亡き後、六代目を襲名。現在、東京和竿睦会会長

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


首折り男のための協奏曲

伊坂幸太郎(著)


働く男

星野源(著)


ランキング一覧へ