pagetop

本 永遠の0 1

ほしい!に追加 twitter
本-永遠の0 1
著者: 百田尚樹 (原作)
須本壮一 (作画)
定価 ¥648(税込)
BOOKFANポイント: 30 pt
or
Tポイント: 18 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
双葉社
シリーズ名
ACTION COMICS
発行年月
2010年 07月
ISBNコード
9784575837964
版型
--
ページ数
207P
平均評価
(3)
: 0件
: 0件
: 1件
: 0件
: 0件
ブクレポ
1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

永遠の0 OFF
百田尚樹 OFF
須本壮一 OFF
書籍一覧 > 永遠の0 (1~5巻)

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: ムーミン2号 投稿日:2013/07/23

ビジュアル化、その1

先ごろレポした『永遠の0』をコミックにしたもので全5巻にわたる。
奥付をみると、「漫画アクション」に掲載され始めたのは2010年の2月だから、かれこれ3年半ほど前になる。原作の出版が2006年、文庫化が2009年だから、文庫化から人気に火がつき始めた頃にコミックになったのかな? と想像する。

原作を丹念にビジュアル化しているが、そのまんまではない。
姉が弟を聞き取り調査に誘う際、既に神風特攻隊=テロリスト説が姉の口から語られ、弟が半信半疑というよりは、信じ難い、という様子を見せるシーンがある。原作でも前半でその説は出てきたが、姉の口から、ではなく新聞記者から直接だった。
また、最初に訪れる人物が祖父である宮部久蔵をただただ「臆病者」呼ばわりしていたような印象を原作では持っていたが、このコミックを読むと、「臆病者」とは言いながら、宮部久蔵がいろいろ噂され自分の目でもその噂通りであることを見たけども、それでも心のどこかで彼(宮部)を尊敬し、慕っている様子が伝わってくる。このコミックの最後のシーンは原作にないものだが、そのシーンで祖父を「臆病者」呼ばわりしながらも本当は尊敬していた、それを誰かに伝えたかったのだ、という心情が伝わってきた。
原作を“深読み”すれば、そういう解釈も成り立つのだろうと思いながら、『永遠の0』にまた別角度から光を差し込んでいるように感じられた。

今日(7月23日)、『永遠の0』の映画公開のニュースが流れた。主役を務めるのは岡田准一くん。紹介VTRをチラ見しただけでも、原作と設定からして少し違うようだが、岡田君の横でいつものニコニコ笑顔でインタビューを百田さんが受けられていたので、原作者公認、ということなのだろう。
吹石一恵、三浦春馬が姉弟を演じるらしいが、彼らが訪れる元パイロットたちの面々がスゴすぎる(映画の公式HPより)。平幹二朗さん、山本學さん、橋詰功さん、田中泯さん(『たそがれ清兵衛』にご出演)…。そちらに息を呑んだのは、こちらの年齢のせいだろう。お若い人はには逆になじみの薄い方々かも知れない。映画は観てみたい。多分、つらいだろうけど…。

第1巻はこの「臆病者」エピソード。この作品は、漫画というよりは劇画、なのだろうか? 両者の違いを明確に知らないワタシにカテゴライズする資格はなかろうが、そんな印象…。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ジャンルランキング

コミックのランキング

ONE PIECE 86

尾田栄一郎(著)


キングダム 47

原泰久(著)


進撃の巨人 23

諫山創(著)


ランキング一覧へ