pagetop

本 侘助ノ白 書き下ろし長編時代小説

ほしい!に追加 twitter
本-侘助ノ白 書き下ろし長編時代小説
著者: 佐伯泰英 (著)
定価 ¥699(税込)
BOOKFANポイント: 32 pt
or
Tポイント: 19 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 双葉社
シリーズ名 双葉文庫 さ-19-34 居眠り磐音江戸双紙 30
発行年月 2009年 07月
ISBNコード 9784575663877
版型 --
ページ数 321P
平均評価
(3.5)
: 0件
: 2件
: 2件
: 1件
: 0件
ブクレポ 1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

佐伯泰英 OFF

内容紹介

餅搗きの音が江戸の年の瀬を彩る頃、佐々木磐音、おこんらは神保小路の尚武館道場で穏やかな日々を送っていた。
一方、土佐藩近習目付重富百太郎、利次郎父子は高知に辿り着くが、国許に帰着早々、思わぬ危難に見舞われ…。
春風駘蕩の如き磐音が許せぬ悪を討つ、著者渾身の書き下ろし痛快長編時代小説第三十弾。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

著者情報

佐伯 泰英
1942年、北九州市生まれ。日本大学芸術学部映画学科卒。デビュー作『闘牛』以後、スペインをテーマにした作品を発表。99年、初の時代小説『密命』を皮切りに次々と作品を刊行、時代小説の旗手として高い評価を得る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: りえこ 投稿日:2013/01/25

重富利次郎、始めての土佐入り

しばらくぶりな磐音シリーズ、三十巻目。
重富利次郎、始めての土佐入りです。

南国土佐の道場で、日ごろの成果を披露する利次郎。婿入り先を探すなどと呑気なことを言っていたら、それどころではなく。
父・百太郎が到着早々に襲撃に遭ってしまいます。
利次郎が返り討ちにしたのですが、どうやら父の土佐入りは、何かし… >>続きを読む
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


首折り男のための協奏曲

伊坂幸太郎(著)


そして生活はつづく

星野源(著)


ランキング一覧へ