pagetop

本 白桐ノ夢 書き下ろし長編時代小説

ほしい!に追加 twitter
本-白桐ノ夢 書き下ろし長編時代小説
著者: 佐伯泰英 (著)
定価 ¥699(税込)
BOOKFANポイント: 32 pt
or
Tポイント: 19 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
双葉社
シリーズ名
双葉文庫 さ-19-27 居眠り磐音江戸双紙 25
発行年月
2008年 04月
ISBNコード
9784575663280
版型
--
ページ数
331P
平均評価
(3)
: 0件
: 1件
: 2件
: 1件
: 0件
ブクレポ
1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

佐伯泰英 OFF

内容紹介

神保小路に初夏の陽射しが降りそそぐ頃、佐々木磐音、おこん夫婦は尚武館道場で穏やかな日々を送っていた。
そんな折り、西の丸に出仕する依田鐘四郎を通じ、家基より予て約定のものを手配いたせとの言伝がもたらされるが…。
春風駘蕩の如き磐音が許せぬ悪を討つ、著者渾身の書き下ろし痛快長編時代小説第二十五弾。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

著者情報

佐伯 泰英
1942年、北九州市生まれ。日本大学芸術学部映画学科卒。デビュー作『闘牛』以後、スペインをテーマにした作品を発表。99年、初の時代小説『密命』を皮切りに次々と作品を刊行、時代小説の旗手として高い評価を得る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ (レビュー)

ニックネーム: りえこ 投稿日:2012/11/18

尚武館で新生活を始めた磐音・おこん

尚武館で新生活を始めた磐音・おこん。
子どもが生まれたら・・・などとみんな気が早いことで。
とはいえ、弱い者を守ったり刺客を返り討ちにしたり鰻を出前したり、磐音の生活にはあまり変化はないようです。
おこんが磐音に丁寧な言葉で話したり、「磐音様」と呼びかけたりするのは、速水家での修行の成果なのでしょうか。ぽんぽん喋ってたころがなんか懐かしい。

品川家の跡目を無事に継いだ柳次郎も近々祝言。
しかし問題は、相変わらず酒を呑んでいい加減な仕事をする竹村武左衛門です。友人ふたりが出世していく中、彼には彼なりの複雑な思いがあり・・・。はたして磐音が、何か助けになれることがあるのかどうか。

一方、次期将軍をめぐる争いはますます激化してきたようです。
田沼が送り込んできたのは、乱波集団。どうやら、日光で倒した雑賀衆と関連がある様子。しかし胎内で百年過ごすとか、ますます現実離れしてきたなあ。


それにしても大黒屋の桜餅、美味しそうだなあ・・・。わたしこのタイプの桜餅食べたことないんだよね。うちの近所には道明寺粉のやつしか置いてないので。これはこれで美味しいんだけど。
ちなみに、元祖の山本屋って、いまもバッチリ営業し、昔と変わらぬ桜餅を売っているそうです。創業1717年、すごいわ。。。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
年末年始電子ストアギフト券キャンペーン!最高3,000円分ギフト券プレゼント中★
電子書籍に自分だけのサインがもらえる!eBookサイン会情報はこちら!
特集一覧へ
ジャンルランキング
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ