pagetop

本 夏燕ノ道

ほしい!に追加 twitter
本-夏燕ノ道
著者: 佐伯泰英 (著)
定価 ¥699(税込)
BOOKFANポイント: 32 pt
or
Tポイント: 19 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
双葉社
シリーズ名
双葉文庫 居眠り磐音江戸双紙
発行年月
2005年 09月
ISBNコード
9784575662177
版型
--
ページ数
341P
平均評価
(3)
: 0件
: 0件
: 2件
: 0件
: 0件
ブクレポ
1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

佐伯泰英 OFF

内容紹介

河岸の柳が初夏の風情をみせる頃、深川六間掘、金兵衛長屋に住む坂崎磐音は相も変わらぬ浪々の日々を送っていた。
両替商・今津屋の老分番頭由蔵らと日光社参に随行することになった磐音だが、出立を前に思わぬ事態が出来し…。
春風駘蕩の如き磐音が許せぬ悪を討つ、著者渾身の書き下ろし痛快長編時代小説第十四弾。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

著者情報

佐伯 泰英
1942年、北九州市生まれ。日本大学芸術学部映画学科卒。デビュー作『闘牛』以後、スペインをテーマにした作品を発表。99年、初の時代小説『密命』を皮切りに次々と作品を刊行、時代小説の旗手として高い評価を得る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: りえこ 投稿日:2012/09/07

国を挙げての大イベント、日光参拝が始まりました

前巻に続き、十四巻目もあいかわらずおこんの見合いに張り切る金兵衛さんです。
一緒にご飯食べるの初めてだっけ。磐音の食事シーンってなんか笑える。大の大人が食べるのに夢中ってのも確かにおかしいんだけど、それより、周りの人の感想がみんな同じってところが。


さて1776年4月、国を挙げての大イベント、日光参拝が始まりました。前々から言われているとおり、磐音も一行に加わります。
表向きは勘定奉行の供、実際は今津屋の由蔵の手助け。しかし実は磐音には、重大な密命が下されていました。

日光参拝には、将軍家治の世継・家基が、おしのびで同行していたのです。
そして、聡明な家基を疎ましく思う田沼意次の手の者が、警備手薄な旅の道中で家基を葬り去ろうと、なりふりかまわず動き始めます。

実は全然手薄じゃないんですけどね。
田沼の命を受けた雑賀衆蝙蝠組、要するに忍者なのですが、何度も襲いくる彼らを、磐音たちは何度も斥けます。


豊後関前藩に居続けていてはまず得られなかった人脈を着々と築いていく磐音、とうとう将軍や世継の信頼まで得ることになります。
コネを得ようと働きかけたわけでもなく、日ごろの誠実な行動の結果として。

史実としては、家基の日光参拝への同行はありません。
ただ、聡明で文武両道、将来を期待されていたというのは史実のようで。政治に関心を持ち田沼意次を批判したりもしていたようです。
しかし、実際は、11代将軍は、家基ではなく家斉。・・・これも今後のストーリーに絡んでくるんだろうな。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
特集一覧へ