pagetop

本 きらきら眼鏡

ほしい!に追加 twitter
本-きらきら眼鏡
著者: 森沢明夫 (著)
定価 ¥1,836(税込)
BOOKFANポイント: 17 pt
or
Tポイント: 17 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
双葉社
発行年月
2015年 11月
ISBNコード
9784575239270
版型
127×188mm
ページ数
493P
平均評価
(4)
: 0件
: 3件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ
2件

新刊お知らせ登録一覧へ »

森沢明夫 OFF

内容紹介

愛猫を亡くし、喪失感にうちひしがれていた立花明海は、西船橋の古書店で普段は読まない自己啓発系の本を買う。
すると、中に元の持ち主の名刺が栞代わりに挟んであり、明海が最も心を動かされたフレーズにはすでに傍線が引かれていた。
気になった明海は意を決して名刺の「大滝あかね」に連絡をとる。
会うと、あかねは明るい年上の女性で、日常の物事を幸福感たっぷりに捉えている“幸せの天才”だった。
明海には、今まさに恋愛関係に発展しそうな会社の同僚・松原弥生がいたが、あかねの存在が徐々に大きくなっていく。
だが…あかねには恋人がいた。
彼は病に伏し、余命宣告を受けているという―。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

ブクレポ (レビュー)

ニックネーム: アーミー 投稿日:2016/05/03

切ないけれどポジティブなラブストーリー

すでにまーちさんが素敵なレポを書かれている作品だ。

物語の始まりは、愛猫が死んだことから。
25歳のしがないサラリーマン立花明海は、
喪失感にうちしがれながら、
古書店でみかけた自己啓発の本に魅かれて購入する。
その本に描かれた一文と
はさまれていた名刺がきになり、
名刺の持ち主「大滝あかね」に連絡を取る。
会ってみると、大滝あかねは
日常のものごとをなんでもきらきらしてみえる
眼鏡をかけているつもりで見るという
ポジティブな考えの持ち主だった。
あかねと話していると心が癒され、
明海は行く度となくあかねと会うのだが、
そのうちに、あかねには
余命を宣告された恋人がいることを知る。
明海にとってライバルともいえる恋人の存在だが、
その行く手に死が待っている事が
複雑な気持ちにさせていた。そしてついに・・・

命のはかなさを考えさせられた。
愛する者を残してこの世を去るとき、
またこの世に残されたとき、
やるせなく、せつない気持ちが伝わってきた。
残された者は、ポジティブに生きるため、
きらきら眼鏡をかけてみるのが
故人への最高の贈り物なのかもしれない。

明海とあかねのテリトリーのなかで
かつての森沢作品の主人公たちが
ゲスト出演するのがやはり、うれしかった。
これはまーちさんも書かれている通り。

癒しやキリコ、おかまのゴンママ。
そして大好きな虹の岬の岬カフェ。
森沢さん、遊び心とファンへのサービス精神、満載だなあ。

ニックネーム: まーち 投稿日:2015/11/30

切なく素敵な、恋物語

愛猫が突然死んでしまい、喪失感にうちひしがれる立花明海(あけみ)・25歳。そんな彼は、たまに立ち寄る古書店で、「死を輝かせる生き方」という本に、視線が釘付けになってしまった。その本を読んでいると、栞代わりにはさんだと思われる名刺を見つけたのだ。しかも、そのページには、


《自分の人生を愛せないと嘆くなら、愛せるように自分が生きるしかない。他に何ができる》


という一文に、赤線が引かれていたのである。その後、明海は、衝動的に、名刺に書かれたメールアドレスに、メールを送ってしまったのだ。そしてなんと、その相手である、大滝あかねから返事が届き、二人は会うことになったのである。彼女は、明海が買った本は、間違って売ってしまったものだと言い、買い戻したいと言うのだ。


明海は、あかねの、「ペコちゃん」のような微笑みに惹かれ、何度か会ううちに、彼女に恋をしていることに気付くのだった。
その一方で、明海は、会社の先輩である松原弥生が、自分に気があることを、うすうす感じていたのである。あかねの存在がなかったら、そのまま恋に発展したのかもしれない。しかし、明海の気持ちは、どんどんあかねに傾いていくのだった。


そんな明海は、同期の小山田から、弥生が不倫をしているのでは?という話を聞かされ、動揺する。さらに、あかねからは、彼女には、裕二という、余命わずかの恋人がいることを聞かされ、裕二に対し、複雑な気持ちを抱くようになる。そして、明海とあかねが出会うきっかけとなった本は、余命宣告を受けた裕二からのプレゼントだったということも聞かされるのだ。のちにわかるのだが、その本には、ある秘密が隠されていて、その秘密が、明海を苦しめることになるのだった。


明海は、子どもの頃の出来事が原因で、二つのトラウマを抱えていた。そんな彼にとって、「幸せの天才」のように思えるあかねは、とても眩しく感じられたのである。しかし、彼女の「幸せ」には、秘密があったのだ。彼女は、1年くらい前から、「きらきら眼鏡」をかけることにしたと言うのだ。それは、視界に入ったものすべてを、きらきら輝いたものにしてくれる眼鏡だという。もちろん、実際にそんなものがあるわけではなく、それを常にかけたつもりで生きようと決めたと言うのだった。


明海、あかね、弥生、そして裕二、4人の男女のそれぞれの想いが、本当に切なく、でも、とても素敵なのだ。


この作品の中で、「癒し屋キリコの約束(http://bookrepo.com/book/show/2871614)」の舞台となる、「昭和堂」という喫茶店で本を読んだり、「大事なことほど小声でささやく(http://bookrepo.com/book/show/2731545)」の舞台である、「スナックひばり」のゴンママの話題が登場したり、「虹の岬の喫茶店(http://bookrepo.com/book/show/2512002)」に行ったりと、森沢作品のファンにとっては、大サービスである。


“人ってさ、誰かを愛したいんじゃなくて、やっぱり愛し合いたいんだよ”


結末も、本当に素敵である。ネガティブな私も、「きらきら眼鏡」をかけたら、素敵な世界が見えるだろうか。
うれしい全品送料無料♪全商品1%ポイント還元!
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
電子書籍に自分だけのサインがもらえる!eBookサイン会情報はこちら!
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

下町ロケット ゴースト

池井戸潤(著)


君の話

三秋縋(著)


むすびつき

畠中恵(著)


ランキング一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ