pagetop

本 天孫降臨の謎 『日本書紀』が封印した真実の歴史

ほしい!に追加 twitter
本-天孫降臨の謎 『日本書紀』が封印した真実の歴史
著者: 関裕二 (著)
定価 ¥679(税込)
BOOKFANポイント: 31 pt
or
Tポイント: 18 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 PHP研究所
シリーズ名 PHP文庫 せ3-11
発行年月 2007年 07月
ISBNコード 9784569668765
版型 --
ページ数 325P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

関裕二 OFF

内容紹介

『日本書紀』を編纂した八世紀の朝廷が、天孫降臨の地を南部九州に求めた理由とは何か?「そうしなければ都合が悪かった」、天皇家は「ほんとうに南部九州からやってきた」から。
どれも、作り話にしては出来が悪い。
『日本書紀』を荒唐無稽の物語のように見せておきながら、その裏側には様々な真実が散りばめられているのではあるまいか。
ならば、天孫降臨に秘められた真実とは何なのか。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 不思議な神話(天皇誕生にまつわる漠然たるイメージ/はたして渡来人は日本を征服したのか? ほか)/第2章 隼人と天孫降臨(天孫降臨神話の最大の問題・隼人/隼人の地に残された不思議な古墳群 ほか)/第3章 奪われたトヨの政権(朝廷が神話を構築した不純な動機/『日本書紀』の第一の目的は蘇我氏を悪役に仕立て上げること ほか)/第4章 神功皇后とトヨの秘密(天皇家のためではなく藤原氏のために書かれた神話/忘れ去られた高良山の重要性 ほか)/第5章 天日槍と天孫降臨の秘密(トヨのその後と天孫降臨の謎/小迫辻原遺跡に残された焼土 ほか)

著者情報

関 裕二
1959年、千葉県柏市生まれ。歴史作家。仏教美術に魅せられて足繁く奈良に通い、日本古代史を研究。古代をテーマにした書籍を意欲的に執筆している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

村上海賊の娘 第3巻

和田竜(著)


小説君の名は。

新海誠(著)


狼と羊皮紙 新説狼と香辛料

支倉凍砂(著)


ランキング一覧へ