pagetop

本 高次脳機能障害 どのように対応するか

ほしい!に追加 twitter
本-高次脳機能障害 どのように対応するか
著者: 橋本圭司 (著)
定価 ¥799(税込)
BOOKFANポイント: 37 pt
or
Tポイント: 22 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
PHP研究所
シリーズ名
PHP新書 436
発行年月
2007年 01月
ISBNコード
9784569658407
版型
--
ページ数
246P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

橋本圭司 OFF

内容紹介

「突然人が変わったように暴力をふるう」「誰かが促さないと何もしようとしない」「言われたことをすぐに忘れてしまう」―脳梗塞や脳出血、交通事故などで脳を損傷した後、さまざまな問題を引き起こす高次脳機能障害。
しかし一見、障害とはわからないため、医療や福祉の専門家でもこの障害に対する理解は十分でない。
高次脳機能障害とは何か?全国で三十万人にものぼる患者をどのように支援すべきなのか?正しい評価と診断、家庭と社会の適切な対応によって、症状は必ず改善する。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 高次脳機能障害を理解する(高次脳機能障害とは/高次脳機能障害の診断と症状/高次脳機能障害は精神病か/高次脳機能障害者の社会的立場)/第2部 日常生活の向上につなげるために(家族・周囲の心構え/高次脳機能障害のリハビリテーション/高次脳機能障害への対応法/社会復帰までの道のり)

著者情報

橋本 圭司
1973年東京都生まれ。リハビリテーション専門医。医学博士。東京慈恵会医科大学医学部卒業。同大学リハビリテーション医学講座にて臨床・研究に従事。東京都リハビリテーション病院、神奈川リハビリテーション病院で、数多くの高次脳機能障害者の治療を経験。現在、東京慈恵会医科大学リハビリテーション医学講座助手。東京医科歯科大学難治疾患研究所神経外傷心理研究部門客員助手。神経外傷や脳認知科学に関する先端研究に従事する一方で、急性期から回復期、そして慢性期における地域リハビリテーションにおいて、後天性脳損傷による高次脳機能障害治療の最前線に立つ臨床家でもある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ジャンルランキング
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ