pagetop

本 「近代日本文学」の誕生 百年前の文壇を読む

ほしい!に追加 twitter
本-「近代日本文学」の誕生 百年前の文壇を読む
著者: 坪内祐三 (著)
定価 ¥907(税込)
BOOKFANポイント: 42 pt
or
Tポイント: 25 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 PHP研究所
シリーズ名 PHP新書 421
発行年月 2006年 10月
ISBNコード 9784569656410
版型 --
ページ数 384P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

坪内祐三 OFF

内容紹介

尾崎紅葉「金色夜叉」のブーム、永井荷風の文壇デビュー、田山花袋の「露骨なる描写」、夏目漱石「吾輩は猫である」の連載開始、島崎藤村の『破戒』自費出版―本書は、従来の文学史ではきちんと顧みられなかった明治三十二年から三十九年までの文壇事情を丹念に追った「近代日本文学」誕生のドキュメント。
今から丁度百年前の明治三十九(一九〇六)年、浪漫主義文学が時代遅れになるとともに、新しい自然主義文学が本格的に開花する。
今日まで読みつがれる数々の名作は、いかにして生まれたのか。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

明治三十二(一八九九)年 「金色夜叉」のブーム―若き文豪尾崎紅葉/明治三十三(一九〇〇)年 新たな浪漫主義の興り―與謝野鐵幹『明星』創刊/明治三十四(一九〇一)年 「個人主義」への転向―高山樗牛「美的生活」/明治三十五(一九〇二)年 海外に向かう文学者たち―島村抱月「洋行」/明治三十六(一九〇三)年 思想のための死―藤村操「巌頭之感」/明治三十七(一九〇四)年 自然主義の萌芽―田山花袋「露骨なる描写」/明治三十八(一九〇五)年 日露戦争と新しい文学―夏目漱石「吾輩は猫である」/明治三十九(一九〇六)年 自然主義の開花と漱石そして二葉亭の復活

著者情報

坪内 祐三
1958年、東京都生まれ。早稲田大学大学院修士課程修了。『東京人』の編集長を経て、書評、コラム、評論など執筆活動を始める。『慶応三年生まれ七人の旋毛曲り』(マガジンハウス)で第17回講談社エッセイ賞受賞。雑誌『en‐taxi』の編集も手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


働く男

星野源(著)


首折り男のための協奏曲

伊坂幸太郎(著)


ランキング一覧へ