pagetop

本 音楽のたのしみ 4

ほしい!に追加 twitter
本-音楽のたのしみ 4
著者: ロラン・マニュエル (著)
吉田秀和 (訳)
定価 ¥2,052(税込)
BOOKFANポイント: 95 pt
or
Tポイント: 57 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 白水社
シリーズ名 白水Uブックス 1097 音楽
発行年月 2008年 05月
ISBNコード 9784560720974
版型 --
ページ数 379P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

音楽のたのしみ OFF
ロラン・マニュエル OFF
吉田秀和 OFF

内容紹介

作曲家にして名評論家ロラン=マニュエルが、音楽の基礎知識・西洋音楽の歴史・オペラについて、対話の形でわかりやすく解説した全4巻シリーズ。
本書では、有名なオペラ作曲家や作品を音楽史のなかに位置づけて解説しながら、時代による評価の変遷や失敗の理由までを考察する。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

オペラの起源(トロープス、典礼劇、牧歌劇)/神秘劇 アントルメ 宮廷バレエ/フィレンツェの改革(カッチーニ、ペーリ、モンテヴェルディ)/劇的マドリガーレ(オラッツィオ・ヴェッキと音楽喜劇『パルナッソス山のほとりで』)/イタリアにおけるオペラ(ローマとヴェネツィア。『ウリッセの帰還』『ポッペアの戴冠』)/フランスにおけるオペラ(ジャン=バティスト・リュリと音楽による悲劇)/イギリスにおけるオペラ(ヘンリー・パーセル)/ナポリのオペラ(アレッサンドロ・スカルラッティ)/十八世紀初めのフランス・オペラとオペラ・バレ(デトゥシュとカンプラ)/ラモーのオペラ(『カストルとポリュクス』)〔ほか〕

著者情報

吉田 秀和
1913年9月23日、東京日本橋生まれ。東京帝国大学文学部仏文科卒業。音楽批評家。戦後、批評を発表しつづけ、1953年に刊行した『主題と変奏』で批評家としての地歩を築き、以来、一貫して旺盛な評論活動を展開。1975年『吉田秀和全集』で第二回大佛次郎賞を、2006年には「わが国における音楽批評の確立」で文化勲章受章。現在は、水戸芸術館館長として、音楽、美術、演劇の各分野で実践活動を指導(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


首折り男のための協奏曲

伊坂幸太郎(著)


そして生活はつづく

星野源(著)


ランキング一覧へ