pagetop

本 青い野を歩く

ほしい!に追加 twitter
本-青い野を歩く
著者: クレア・キーガン (著)
岩本正恵 (訳)
定価 ¥2,376(税込)
BOOKFANポイント: 22 pt
or
Tポイント: 22 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
白水社
シリーズ名
EXLIBRIS
発行年月
2009年 12月
ISBNコード
9784560090060
版型
--
ページ数
225P
平均評価
(4.5)
: 1件
: 1件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ
1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

クレア・キーガン OFF
岩本正恵 OFF

内容紹介

哀愁とユーモアに満ちた、「アイリッシュ・バラッド」の味わい。
珠玉の8編を収めた傑作短篇集。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

著者情報

岩本 正恵
1964年生まれ。東京外国語大学英米語学科卒。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ (レビュー)

ニックネーム: こたろう 投稿日:2017/05/13

とても豊かな世界を見せてくれる作品集でした。

本書をのぞけばほぼ翻訳されていないキーガンさんの作品世界は思いがけない豊かな物でした。
アイルランドの厳しい環境で育まれた、極端なまでに抑制された緊密で緊張感が伝わってくる文体。いいかえれば「喚起力」の強い言葉の使い手だと言えます。
つまり読者の前にわずかな言葉でまざまざと小説世界を提示して見せる異能の持ち主だということです。
描写にどれだけ言葉を費やしてもかえって伝えたい世界から遠ざかってしまう、表現、文体の難しさを軽々と飛び越えて、彼女は主人公が感じ取っている雰囲気や匂いや感情の揺れ、怖れやあこがれや歓び、苦さや怖れなどを少ない言葉で実に雄弁に語って見せます。


翻訳され日本語に置き換えられてなおこれだけ伝わってくる言葉の勢い、強さは並大抵ではありません。
暗く寒い、厳しい風土とそれのなじみ同化して暮らしていく人々。
その多くが寡黙で、寡黙であるがためにその内面に強い感情を秘めて暮らしているのが、伝わってきます。


別れの贈り物


青い野を歩く


長く苦しい死


褐色の馬


森番の娘


波打ち際で


降服(マクガハンにならって)


クイックン・ツリーの夜


の七編が収められています。わずか二百ページ余りですがもっと分厚い持ち重りのする豊かな世界が収められている気がしました。
アイルランドの妖精や魔法の世界が現代に生き残っているような雰囲気をたたえた、薄闇が似合う物語たちです。
特に女性たちは耐えることで生き延び、酒ばかり飲んで現実的ではない男たちを見捨ててどこかへ彷徨い出ていってしまう、危うさと強さを併せ持った描き方で印象的です。


厳しい環境で活きる人特有の、いろいろなものを内に秘めた生き方というか、そんなものを感じます。
アリステア・マクラウドというカナダの島の厳しい生活を武骨なまでの率直さで描いた名手が居ましたが、ふとそんなマクラウドに通じる世界観がこの作品集にはあるように思いました。


そしてとても残念なのですが、他に翻訳されていないせいでこれ以上、彼女の豊かな作品世界に触れることができないのです。


原書が読めるといいのですが……


白水社にお願いしたいです。他の作品もほんやくしゅっぱんしてくださいまし、と。


久々にとても豊かな読書体験でした。
うれしい全品送料無料♪全商品1%ポイント還元!
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
電子書籍に自分だけのサインがもらえる!eBookサイン会情報はこちら!
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

沈黙のパレード

東野圭吾(著)


滑走路 歌集

萩原慎一郎(著)


「違うこと」をしないこと

吉本ばなな(著)


ランキング一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ