pagetop

本 カモメに飛ぶことを教えた猫

ほしい!に追加 twitter
本-カモメに飛ぶことを教えた猫
著者: ルイス・セプルベダ (著)
河野万里子 (訳)
定価 ¥864(税込)
BOOKFANポイント: 40 pt
or
Tポイント: 24 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 白水社
シリーズ名 白水Uブックス 151 海外小説の誘惑
発行年月 2005年 11月
ISBNコード 9784560071519
版型 --
ページ数 174P
平均評価
(5)
: 1件
: 0件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ 1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

ルイス・セプルベダ OFF
河野万里子 OFF

内容紹介

銀色のつばさのカモメ、ケンガーは、ハンブルクのとあるバルコニーに墜落する。
そこには一匹の黒い猫がいた。
名前はゾルバ。
瀕死のカメモは、これから産み落とす卵をこの猫に託すことになる。
が、その前に三つの厳粛な誓いをゾルバに立てさせるのだった。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

著者情報

ルイス・セプルベダ
1949年、南米のチリに生まれる。アジェンデ政権がクーデタによって倒れた際に、投獄され、およそ二年半の刑務所暮らしを余儀なくされる。その後アムネスティの働きかけで解放されたあとは、各地を旅してまわり、1980年からはドイツのハンブルクを拠点に、作家活動をはじめる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: ムーミン2号 投稿日:2014/06/11

港の猫に二言なし

ユーモアに溢れ、ちょっぴり人間への皮肉もこもった作品。とっても面白い!


カモメのケンガー(メス)はエサのニシンを獲ってる最中に、人間がタンカーを洗浄して海に流した重油に呑まれ、なんとか飛び上がったものの体力尽き果て、落ちた先は黒猫のゾルバが安穏と暮らすハンブルク市内、港にほど近い家のバルコニーの上だ… >>続きを読む
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


働く男

星野源(著)


首折り男のための協奏曲

伊坂幸太郎(著)


ランキング一覧へ