pagetop

本 パリのダダ 新装

ほしい!に追加 twitter
本-パリのダダ 新装
著者: ミッシェル・サヌイエ (著)
安堂信也 (訳)
定価 ¥7,020(税込)
BOOKFANポイント: 325 pt
or
Tポイント: 195 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 白水社
発行年月 2007年 06月
ISBNコード 9784560027141
版型 --
ページ数 442,48P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

ミッシェル・サヌイエ OFF
安堂信也 OFF

内容紹介

一九一五‐一九二五年にかけてヨーロッパで猛威をふるったダダ。
この前衛運動を文学・芸術・思想の中心であるパリという都市で捉え、「シュルレアリスムはダダのフランス的形態である」と規定した、世界的権威による必読基本図書。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序論/大戦中のパリと「エスプリ・ヌーヴォー」/「三銃士」/『リテラチュール』/最初の小ぜり合い/『磁場』/ダダの登場/大いなる宣言集会/運動の生命/ダダと『N・R・F』/ダダの出版物(第一期)/一九二一年の「賭け金」/大いなるダダの季節/「バレス裁判」/ピカビア、ダダと決別/「サロン・ダダ」をめぐって/不和と紛糾(一九二一年夏-秋)/ダダ、流派をなす/ダダの出版物(第二期)/「パリ会議」/ダダの衰退と一九二二年の出版物/シュルレアリスムへの道/ダダとその大衆/結論と総決算

著者情報

ミッシェル・サヌイエ
1924年、フランスのモンテリマール生まれ。ソルボンヌを卒業後、トロント大学やニース大学で教鞭をとる。ダダ・シュルレアリスム研究国際協会の創設者であり初代会長。マルセル・デュシャンが残したテクストの編纂も手掛ける
安堂 信也
1927‐2000年。現代フランス演出史専攻、早稲田大学名誉教授

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


伝道の法 人生の「真実」に目覚める時

大川隆法(著)


天文年鑑 2017年版

天文年鑑編集委員会(編)


ランキング一覧へ