pagetop

本 もうひとつの中世のために 西洋における時間、労働、そして文化

ほしい!に追加 twitter
本-もうひとつの中世のために 西洋における時間、労働、そして文化
著者: ジャック・ル・ゴフ (著)
加納修 (訳)
定価 ¥8,424(税込)
BOOKFANポイント: 390 pt
or
Tポイント: 234 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 白水社
発行年月 2006年 12月
ISBNコード 9784560026229
版型 --
ページ数 503,10P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

ジャック・ル・ゴフ OFF
加納修 OFF

内容紹介

半世紀にわたり西洋中世の歴史人類学に取り組んできた著者が、学者として最も充実した時期に発表した論文18点を収録。
その後展開されるテーマ、視点、手法の全てがここに凝縮している。
アナール派の泰斗による、記念碑的論文集。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 時間と労働(ミシュレの中世たち/中世における教会の時間と商人の時間 ほか)/第2部 労働と価値体系(一五世紀パドヴァにおける大学の諸費用/中世の聴罪司祭手引書から見た職業 ほか)/第3部 知識人文化と民衆文化(メロヴィング文明における聖職者の文化とフォークロアの伝統/中世の教会文化と民俗文化―パリの聖マルセルと龍 ほか)/第4部 歴史人類学の構築に向けて(歴史家と日常的人間/家臣制の象徴儀礼)

著者情報

ジャック・ル・ゴフ
フランスを代表する、アナール派の中世史家。1924年、南フランスのトゥーロンに生まれる。パリの高等師範学校に入学し、プラハ、オクスフォード、ローマ留学を経て、1954年にリール大学の助手に就任する。1959年、パリの高等研究院第六部門に移り、1969年にはマルク・ブロックとリュシアン・フェーヴルが創刊した雑誌『アナール』の編集委員となる。1972年、フェルナン・ブローデルの後を継いで、高等研究院第六部門の所長に就任し、1975年にはこの組織を社会科学高等研究院として独立させるのに指導的な役割を果たした。1992年に退官した後も、精力的に執筆活動を続けている
加納 修
1970年生。1994~96年、パリ第一〇大学留学、歴史学専門研究資格(DEA)取得。1999年、名古屋大学大学院文学研究科博士後期課程満期退学。現在、東京大学大学院人文社会系研究科講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


機械保全の徹底攻略 2016年度版機械系・実技


天文年鑑 2017年版

天文年鑑編集委員会(編)


ランキング一覧へ