pagetop

本 カナダ農村3農場200年の軌跡 農業大国農村社会の苦悩と曙光

ほしい!に追加 twitter
本-カナダ農村3農場200年の軌跡 農業大国農村社会の苦悩と曙光
著者: 坪井伸広 (著)
定価 ¥4,936(税込)
BOOKFANポイント: 228 pt
or
Tポイント: 137 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
農山漁村文化協会
発行年月
2008年 05月
ISBNコード
9784540072673
版型
--
ページ数
269P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

坪井伸広 OFF

内容紹介

ケアンズグループの一員でもあるカナダは農業強国であり、日本は自給率39%の「農業小国」である。
にもかかわらず両国農村は農業経営規模の違いはあれ過疎化、兼業化、高齢化、地域共同体の劣弱化など共通の問題に直面している。
旧大陸や日本、東アジアは、歴史的に形成された土地所有と利用の形態を前提に社会が成り立っているが、新大陸はそれを無視する(無視できる)ことから出発している。
いわば構造政策がつねに叫ばれる日本と、構造政策不要のカナダという違いにもかかわらずなぜ共通の農村問題に直面するのか。
カナダ農村3農場の200年の軌跡を追いながら日本の農業農村政策のありかたをも考える。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序 なぜカナダの農村か/第1章 オンタリオ州の農村アズボーンの鳥瞰/第2章 カナダ農村地域政策の動向/第3章 オンタリオ州アズボーンの今昔/第4章 アズボーン農業の現況とその半世紀―規模拡大と市場への対応/第5章 ダウン農場とボブとパットの60年―複合経営で200acから686acへ/第6章 ターキー農場とウェインの70年―作物専作、夜勤を続けて規模拡大/第7章 オーク農場とケンとスーザンの50年―規模拡大志向から農村生活志向へ転換して/第8章 カナダ農村政策の刷新方向:農業振興から総合農村政策への転換/第9章 カナダの経験から考える日本の農村政策

著者情報

坪井 伸広
1943年東京都生まれ。農林水産省東北農業試験場、筑波大学などを経て、現JICA日系社会シニアボランティア(ブラジル花卉産業史編纂)
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
電子書籍に自分だけのサインがもらえる!eBookサイン会情報はこちら!
特集一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ