pagetop

本 椅子づくり百年物語 床屋の椅子からデザイナーズチェアーまで

ほしい!に追加 twitter
本-椅子づくり百年物語 床屋の椅子からデザイナーズチェアーまで
著者: 宮本茂紀 (著)
定価 ¥2,880(税込)
BOOKFANポイント: 133 pt
or
Tポイント: 80 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 OM出版
シリーズ名 百の知恵双書-VISUAL STUDY BOOKS- 010
発行年月 2005年 09月
ISBNコード 9784540040788
版型 --
ページ数 151P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

宮本茂紀 OFF

内容紹介

床屋の椅子は、いつから坐り心地がよくなったのか。
旧帝国ホテルの設計者、フランク・ロイド・ライトが自らデザインした椅子に込めたものは。
体の大きなマッカーサーが日本上陸後に使った椅子と、体の小さな吉田茂が愛用した椅子の違い。
この一〇年で、自動車のシートはどのように変わったか。
椅子の試作開発に永年携わる職人・宮本茂紀が、半世紀にわたって関わった椅子を、ものづくりの現場にいる者ならではの経験と洞察力で語る。
歴史を彩った椅子から世界で活躍するデザイナーの椅子、そして暮しのなかの椅子まで。
類書のない、椅子の物語であり技術史である。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

ビートルズが呼んだ不景気―床屋の椅子/ここ一番の家に使った「虎斑」―F.L.ライトの椅子/技術者のなかにもファンをつくった―倉俣史朗の「ホフマンへのオマージュ」/高知産ムロの木づくしの心意気―八芳園の「壷中庵」洋間の椅子/ロココの椅子に取りつかれた男―上柳博美の仕事/大きな人の小さな椅子 小さな人の大きな椅子―マッカーサーと吉田茂の椅子/イタリアモダン、人気の秘密はディテールにあり―マリオ・ベリーニの「キャブ」/傍らに置いてかみしめる憧れと教訓―ハンス・J.ウェグナーの「ジ・オックスチェアー」/材料からつくり方まで徹底的にエコロジー―ウィルクハーン社の「ピクト」/家具の技術と値段について―モロゾ社の「BIG MAMA」〔ほか〕

著者情報

宮本 茂紀
昭和12年、静岡県の伊東に生れる。昭和28年、東京・深川の斉藤椅子店に徒弟として就職の後、椅子張職人として、芝を中心に数多くの仕事をする。その間に都立日本橋高校卒業。昭和41年、五反田製作所を開設。58年に量産家具のための会社としてエリアント、61年には、試作開発のためのミネルバを設立。帯広に、椅子張地の研究を主に行う宮本茂紀研究所がある。労働省中央技能検定委員、東京椅子張同業者組合連合会会長、全日本椅子張同業組合連合会専務理事をそれぞれ歴任。日本では数少ない椅子のモデラー(試作開発をする人)として、メーカーやデザイナーと組んで多彩な活動をしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ