pagetop

本 樹から生まれる家具 人を支え、人が触れるかたち

ほしい!に追加 twitter
本-樹から生まれる家具 人を支え、人が触れるかたち
著者: 奥村昭雄 (著)
定価 ¥2,880(税込)
BOOKFANポイント: 133 pt
or
Tポイント: 80 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 OM出版
シリーズ名 百の知恵双書-VISUAL STUDY BOOKS- 007
発行年月 2004年 06月
ISBNコード 9784540031571
版型 --
ページ数 167P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

奥村昭雄 OFF

内容紹介

人を支え、人が触れる家具は最も人間の近くにある道具である。
自然の木の良さと美しさを最大限に引き出すために著者は無垢材による生地仕上げという困難な家具作りにこだわる。
鮪の目利きのように原木を選び、太陽熱を利用して木材を乾燥させる。
木の動きを殺さない工夫をし、膨大な数の「治具」を開発する。
本物と寸分違わないミニチュア作りでアイデアを固める。
日本人の体型に合ったロッキングチェアーを作るために実験装置を考え、揺れ心地実験をする。
本書は建築家である著者が四〇年にわたり続けてきた家具作りの研鑽のすべてを明らかにする。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

木との接点―プロローグ/木えらび―年輪は語る/原木の買付けと製材/木材はなぜ狂う/無垢材は動く/椅子―最も人間の近くにある道具/人の手と道具/はんぺん椅子に見る加工プロセス/NONOチェアー製作絵日誌/「箱もの」の面白さ/折り畳む、動かす/日本人のためのロッキングチェア―/人体模型ファントム

著者情報

奥村 昭雄
建築家。1928年東京都生まれ。1952年東京美術学校建築科卒。同研究員として東京芸大改築計画担当。1956年吉村順三設計事務所入所。1964年、東京芸術大学美術学部建築学科助教授。1973年、同教授。木曽三岳村に板倉民家を再生しアトリエをつくる。1978年、木曽三岳木工所設立。現在、木曽三岳奥村設計所代表。東京芸術大学名誉教授。代表的な建築作品に、NCRビル(1962年)、星野山荘(1973年)、愛知県立芸術大学(1974年)、新田体育館(1983年)、阿品土谷病院(1987年)、関西学研都市展示館(1994年)など

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ