pagetop

本 栽培植物の進化 自然と人間がつくる生物多様性

ほしい!に追加 twitter
本-栽培植物の進化 自然と人間がつくる生物多様性
著者: G.ラディジンスキー (著)
藤巻宏 (訳)
定価 ¥3,599(税込)
BOOKFANポイント: 166 pt
or
Tポイント: 99 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 農山漁村文化協会
発行年月 2000年 06月
ISBNコード 9784540001246
版型 --
ページ数 298P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

G.ラディジンスキー OFF
藤巻宏 OFF

内容紹介

本書は、エルサレムのヘブライ大学農学部で行なわれた「作物の進化について」の講義を元にして書いたものである。
近年は、作物と野生種の交配を意識的に行なうようになり、各種の遺伝資源が作出されている。
栽培のもとでの進化の大きな要因の一つに遺伝的浮動があり、経済的に重要視されない形質、つまりDNAマーカーなどの多様性は、野生種に比較して栽培種には少ない。
栽培のもとでの進化は、人と自然の成せる業であり、作物ごとに進化の特徴がみられる。
ある作物は、植物学上の「科」の一員にすぎず、多くの作物がそれぞれの「科」に属し、それらが人類に豊かな食料資源を提供している。
ある作物は、発祥の地域を中心とした小さな領域で、またある作物は広い地域で順化(栽培化)され広く拡散している。
人とかかわる利用の面でも、ある作物は一つの目的のために、またある作物は多様な目的により開発され利用されている。
進化・改良の過程では、あるものは形態的・生理的に激しい変化を受けたものもあれば、いまだに祖先種とあまり変わらないものもある。
本書では、このような栽培に伴う植物進化の主要な側面を、7章に分け記述している。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 農業の起源/第2章 栽培による多様性の増大/第3章 栽培下での遺伝的多様性の減少と維持/第4章 栽培による種分化/第5章 雑草とその進化/第6章 作物の進化/第7章 将来の作物改良のための遺伝資源

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング