pagetop

本 人々はなぜグローバル経済の本質を見誤るのか

ほしい!に追加 twitter
本-人々はなぜグローバル経済の本質を見誤るのか
著者: 水野和夫 (著)
定価 ¥2,376(税込)
BOOKFANポイント: 110 pt
or
Tポイント: 66 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 日本経済新聞出版社
発行年月 2007年 03月
ISBNコード 9784532352455
版型 --
ページ数 373P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

水野和夫 OFF

内容紹介

帝国化・金融化・二極化する世界、一国単位ではもう何も見えない。
1995年を境に、大航海時代にも匹敵する「世界経済システムの変革」が始まった。
第一級のエコノミストが明らかにする、グローバル経済の驚くべき姿。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 覆される戦後経済の常識―分水嶺となった一九九五年(日本のデフレーター、史上最長のマイナスに―デフレだと景気は回復しないのか/ルービンの「強いドルは国益」は米国の「金融帝国」化宣言―経常赤字の増加は成長の制約になるのか ほか)/第2章 重層的に二極化する世界経済―再来する帝国の時代(テイクオフの条件が整うBRICs―日本は再近代化で危機を乗り切れるか/世界経済の二極化―先進国vs.BRICs ほか)/第3章 長期循環の「超」長期化と短期循環の「超」短期化―不安定さ増す世界経済(密接不可分の関係にあるグローバル化と米国の「帝国」化/長期循環を「超」長期化させるグローバリゼーション ほか)/第4章 「大きな物語」の終わりと「バブルの物語」の始まり―ストックがフローを振り回す時代(軍需・公共投資主導経済の終わり―インフレの時代の終焉/資産価格激変の時代の始まり―金融経済が実物経済を振り回す時代 ほか)/第5章 資本の反革命における二つの選択―成長か定常状態か(誰のための、なんのための景気回復か―成長は政策目標となりえるのか/格差拡大と中流階級の没落―グローバル化の本当の脅威は雇用ではなく賃金 ほか)

著者情報

水野 和夫
三菱UFJ証券参与・チーフエコノミスト。1953年生まれ。77年早稲田大学政治経済学部卒業。80年同大学大学院経済学研究科修士課程修了。八千代証券(国際証券、三菱証券を経て、現三菱UFJ証券)入社。98年金融市場調査部長、2000年執行役員、02年理事・チーフエコノミスト、05年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ