pagetop

本 「あの世」からの帰還 臨死体験の医学的研究

ほしい!に追加 twitter
本-「あの世」からの帰還 臨死体験の医学的研究
著者: マイクルB.セイボム (著)
笠原敏雄 (訳)
定価 ¥2,262(税込)
BOOKFANポイント: 104 pt
or
Tポイント: 62 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 日本教文社
発行年月 2005年 02月
ISBNコード 9784531081431
版型 --
ページ数 392P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

マイクルB.セイボム OFF
笠原敏雄 OFF

内容紹介

救命医療技術の進歩によって、ひと昔前なら「死んでいた」重体患者の蘇生も可能になり、これまで特殊な神秘体験とされてきた「死後の世界」の体験報告が数多く寄せられるようになってきた。
本書は、医師である著者が「臨死状態」体験者116名に直接インタビューを行ない、彼らが回想する生死の境目での不可思議なエピソードを収集、周到な科学的方法で分析する。
脳死・臓器移植問題を考える上でも必読の貴重な資料。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 事の始まり/第2章 臨死体験の一般的特徴/第3章 自己視型臨死体験/第4章 超俗型臨死体験/第5章 データの分析/第6章 手術中の体験/第7章 自己視型臨死体験―事実か幻想か/第8章 「余波体験」―その後も繰り返される自己視型体験/第9章 臨死体験が暗示するもの/第10章 臨死体験の解釈/第11章 臨死体験の意味

著者情報

マイクル B.セイボム
医学博士。心臓専門医として開業するかたわらアトランタにあるノースサイド病院とセント・ジョセフ病院に勤務。レイモンド・ムーディの『かいまみた死後の世界』を読み、科学的分析を行なっていない点に疑念を抱いたことから臨死体験研究に入る。以来20年にわたり臨死研究における第一人者として研究を続けている
笠原 敏雄
1947年生まれ。70年、早稲田大学第一文学部心理学科卒業。東京都八王子市の永野八王子病院、北海道小樽市の医療法人北仁会石橋病院、東京都大田区の医療法人社団松井病院に勤務の後、96年4月、東京都品川区に「心の研究室」開設

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


伝道の法 人生の「真実」に目覚める時

大川隆法(著)


天文年鑑 2017年版

天文年鑑編集委員会(編)


ランキング一覧へ