pagetop

本 トコトンやさしい気象の本

ほしい!に追加 twitter
本-トコトンやさしい気象の本
著者: 入田央 (著)
定価 ¥1,512(税込)
BOOKFANポイント: 70 pt
or
Tポイント: 42 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 日刊工業新聞社
シリーズ名 B&Tブックス 今日からモノ知りシリーズ
発行年月 2009年 07月
ISBNコード 9784526062995
版型 --
ページ数 159P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

入田央 OFF

内容紹介

気象とは、地球の大気中で起きているさまざまな自然現象であり、その見事なしくみによって、地球という生命圏は安定に維持されているのです。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 気温って何だろう(一日の気温が変化するのはなぜ?―「太陽放射と地球放射のエネルギーが気温を左右」/高緯度ほど気温は低い―「太陽放射を受ける地表面積の違い」 ほか)/第2章 雲・雨・雪ができるしくみ(地球全体の熱と水のバランスをとっている水蒸気―「地球上の水の分布」/水蒸気の姿が消えた―「気体の相変化」 ほか)/第3章 気圧と風の関係を探る(季節風はなぜ吹くの?―「液体と固体の暖まり方の違いが風を発生させる」/「背の低い」高気圧って何?―「冬季シベリア高気圧は500hPaでは低圧部になっている」 ほか)/第4章 さまざまな気象と予報(低気圧は西から東へ移動する波動―「気象じょう乱とは」/気象をいろんな方法で見てみよう―「天気図・気象衛星」 ほか)/第5章 気象災害につながる現象を考える(降水量と川の水位―「河川増水の危険」/激しい雨をもたらす雲の発達のしくみ―「クラウドクラスターの発生」 ほか)

著者情報

入田 央
1945年三重県生まれ。1973年東京電機大学二部工学部卒業。1964年気象庁入庁。東京管区気象台調査官、新潟地方気象台予報課長、気象庁予報部予報官。2005年気象庁退職。現在、各種予報演習講座・講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ