pagetop

本 耐震・免震・制震のはなし 改正建築基準法対応

ほしい!に追加 twitter
本-耐震・免震・制震のはなし 改正建築基準法対応
著者: 斉藤大樹 (著)
定価 ¥1,512(税込)
BOOKFANポイント: 70 pt
or
Tポイント: 42 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
日刊工業新聞社
シリーズ名
SCIENCE AND TECHNOLOGY
発行年月
2008年 04月
ISBNコード
9784526060519
版型
--
ページ数
154P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

斉藤大樹 OFF

内容紹介

日本は世界でも有数の地震国です。
いつ大地震が起きても不思議ではありません。
1995年の阪神淡路大震災では、多くの人々が倒壊した建物の下敷きになって亡くなりました。
いつ起きるかわからない大地震から身を守るには、地震に強い建物に住むことに尽きると考えます。
建物を地震に強くする方法には、耐震構造、免震構造、制震構造などいくつかの方法があります。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1章 日本の建物の耐震性(日本の地震被害/建物の耐震性が生死を分ける/地震被害のシナリオが変ると/いかにリスクを軽減するか/建物の耐震性はどれくらいか/地震に弱い既存不適格建築物/それでも進まない建物の耐震化)/2章 住宅の耐震性能を知る(住宅品確法とは/住宅性能表示制度とは/住宅性能の表示方法/仕様規定から性能規定へ/性能を確かめる方法(性能検証法)/耐震偽装問題と建築基準法の改正/地震に対してより安全な社会へ)/3章 耐震構造・免震構造・制振構造(構造の種類/地震に対する建物の構造/耐震構造/免震構造/制振構造/免震構造に用いられる装置/制震構造に用いられる装置)/4章 建物の揺れの力学(実験をしてみよう/建物の揺れと減衰/建物の揺れと減衰/振動方程式/応答スペクトル/建物の減衰の効果/仕事とエネルギー/振動とエネルギー)/5章 耐震設計の考え方(建築基準法の構造規定/許容応力度等計算および保有水平耐力計算/限界耐力計算)

著者情報

斉藤 大樹
1990年東北大学工学研究科博士課程修了。工学博士。現在、独立行政法人建築研究所。国際地震工学センター上席研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
電子書籍に自分だけのサインがもらえる!eBookサイン会情報はこちら!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

今日の治療薬 解説と便覧 2018

浦部晶夫(編集)


公認心理師現任者講習会テキスト 2018年版

日本心理研修センター(監修)


1回で合格!QC検定2級テキスト&問題集 品質管理検定

高山均(著)


ランキング一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ