pagetop

本 会社法における主要論点の評価

ほしい!に追加 twitter
本-会社法における主要論点の評価
著者: 森淳二朗 (編)
上村達男 (編)
定価 ¥3,888(税込)
BOOKFANポイント: 180 pt
or
Tポイント: 108 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
中央経済社
発行年月
2006年 12月
ISBNコード
9784502947407
版型
--
ページ数
284P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

森淳二朗 OFF
上村達男 OFF

内容紹介

本書の目的は、会社法の制定にともなう変化にはどのような意義があり、またその変化にどのような問題点が生じているのかを、学問的見地から検討することにある。
検討に際しては、株主の視点をその分析の基本においている。
これまでの会社法学は、株主の視点から解釈・立法論を展開しており、また会社法の規定がいかに変容しようとも、株主の利益を適切に保護しえないものであってはならないからである。
本書を構成する論文は、新会社法の主要な分野と会社法・規則の全体像を、掘り下げて分析・評価している。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 全体像の分析(規制緩和とコーポレート・ガバナンスの行方/「会社支配の効率性」と公正性確保/法務省令(会社法施行規則)の問題点と評価/新会社法の性格と会社法学のあり方)/第2部 諸論点の検討(株主平等の原則/少数株主の締出し/株式会社の機関―機関設計・株主総会・取締役等/会社法における内部統制システムの意義と機能 ほか)

著者情報

上村 達男
1948(昭和23)年生まれ。早稲田大学大学院法学研究科博士課程修了。博士(法学)。早稲田大学大学院法務研究科・法学学術院教授。法学部長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
森 淳二朗
1944(昭和19)年生まれ。京都大学大学院博士課程中途退学。福岡大学法科大学院教授
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
電子書籍に自分だけのサインがもらえる!eBookサイン会情報はこちら!
特集一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ