pagetop

本 ミレニアム・デフレ不況の構造 経済政策はなぜ失敗するのか

ほしい!に追加 twitter
本-ミレニアム・デフレ不況の構造 経済政策はなぜ失敗するのか
著者: 明里帷大 (著)
定価 ¥3,672(税込)
BOOKFANポイント: 170 pt
or
Tポイント: 102 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 中央経済社
発行年月 2004年 04月
ISBNコード 9784502651700
版型 --
ページ数 282P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

明里帷大 OFF

内容紹介

経済官僚として35年間、政策の企画・立案と実施に携わってきた著者が、長引く不況の構造分析と日本の経済政策のあり方を説く。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1 ミレニアム・デフレ不況に至る道(90年代の不況/90年代以降の物価変動をどう見るか/新規不良債権の累増)/2 ミレニアム・デフレ不況下の政策論とその評価(1990年代までの日本の経済運営の特徴/ミレニアム・デフレ不況下の政策論)/資料編

著者情報

明里 帷大
本名、飯田彬。現職、1999年4月より日本大学法学部教授(経済政策論担当)。1963年東京大学法学部卒業後大蔵省入省。銀行局(2度)、関税局(2度)、主税局(1度)、大臣官房(3度)、国税庁(1度)などで政策実務経験を広げる(通算14年)傍ら、同省をベースに、世界銀行グループに3度勤務(通算11年)したのを初め、パリ在勤(OECD代表部、留学・研修など通算6年弱)、経済企画庁(経済見通し―2年)、内閣官房内閣審議官兼内閣総理大臣官房参事官(各省政策調整―2年)、JETRO理事(2年)などを歴任し、国内公務、国際公務において各分野の政策の企画・立案・実施に携わった。1998年MIGA長官を最後に国際公務を退任。この間に実務上カヴァーした領域は、財政と金融、通貨と援助、投資と保険、貿易と関税など多岐にわたっている

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ