pagetop

本 簿記会計の研究

ほしい!に追加 twitter
本-簿記会計の研究
著者: 安藤英義 (著)
定価 ¥3,132(税込)
BOOKFANポイント: 145 pt
or
Tポイント: 87 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 中央経済社
発行年月 2001年 02月
ISBNコード 9784502177637
版型 --
ページ数 257P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

安藤英義 OFF

内容紹介

元来、企業会計は簿記を前提としてきたが、近年、大幅な会計制度改革により、必ずしもそういえなくなってきている。
世紀の変わり目に、わが国の簿記と会計も大きな転換点を迎えている。
こうした状況を踏まえ、簿記と会計が今後どう展開するのか、簿記書、貸借対照表、会計基準、商法会計制度、会計の本質の5つの視点から論じた書である。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 簿記書を論じる(簿記書の資本中心主義化/ドイツの商人文化と簿記書 ほか)/第2部 貸借対照表を論じる(二つの資本概念と株式会社本質論/配当可能利益計算の複雑化と貸借対照表の資本の部 ほか)/第3部 会計基準を論じる(重要性の原則とお国柄―会計士の論理と会計係の論理/保守主義の原則と重要性の原則―各国の会計基準等と会計の機能 ほか)/第4部 商法会計制度を論じる(商法会計制度の方向/商法における財産目録の復権 ほか)/第5部 会計の本質を論じる(簿記および会計の空洞化/会計と統計の間 ほか)

著者情報

安藤 英義
1967年一橋大学商学部卒業。1969年一橋大学法学部卒業。1974年一橋大学大学院商学研究科博士課程単位修得、一橋大学専任講師(商学部)。1978年一橋大学助教授(商学部)。1985年一橋大学教授(商学部、現在に至る)、商学博士(一橋大学)。1993年税理士試験委員。1997年企業会計審議会委員。2000年公認会計士試験第2次試験委員。主要著書に『商法会計制度論―商法会計制度の系統的及び歴史的研究―』国元書房、1985年。同新版、白桃書房、1997年。『会計学研究』(新田忠誓氏と共編著)中央経済社、1993年。『会計フレームワークと会計基準』(編著)中央経済社、1996年

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ