pagetop

本 マルチメディア&ハイパーテキスト原論 インターネット理解のための基礎理論

ほしい!に追加 twitter
本-マルチメディア&ハイパーテキスト原論 インターネット理解のための基礎理論
著者: ヤコブ・ニールセン (著)
三好かおる (訳)
定価 ¥5,184(税込)
BOOKFANポイント: 240 pt
or
Tポイント: 144 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 東京電機大学出版局
シリーズ名 情報デザインシリーズ
発行年月 2002年 09月
ISBNコード 9784501535100
版型 --
ページ数 411P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

ヤコブ・ニールセン OFF
三好かおる OFF

内容紹介

本書は、現在の「ハイパーテキストシステム」概念に至るまでの歴史・変遷に始まり、その特長を生かしたさまざまなアプリケーション、内部構造の概要、ハードウェアとのインタフェース、インターネットとの相性の良さなどを解説する。
また、爆発的に増え続ける情報量の中でのハイパーテキストを使った情報の整理やユーザビリティ、あるいはハイパーテキストの「書き手」としての考え方やツールを説明。
最後に将来のマーケット的予測などがなされ、付録の80ページを超えるハイパーテキスト/メディアに関する参考文献は、現場のデザイナーのみならず研究者にとっても価値の高い資料となるだろう。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

ハイパーテキスト、ハイパーメディア、マルチメディアの定義/ハイパーテキストシステムの例/ハイパーテキストの歴史/ハイパーテキストのアプリケーション/ハイパーテキストシステムのアーキテクチャ/ハイパーテキストのためのハードウェアサポート/インターネットでのハイパーテキスト/情報過多に取り組む/巨大情報空間のナビゲーション/ハイパーテキストのユーザビリティ/マルチメディアのオーサリング/既存テキストの変換/マルチメディアとハイパーテキストの将来

著者情報

ヤコブ・ニールセン
ベルコア(ベル・コミュニケーション・リサーチ)、デンマーク工科大学、IBMワトソン研究センターのIBMユーザーインタフェース研究所を経た後、1994年からサンマイクロシステムズの研究者として、主に企業におけるユーザビリティの調査/研究に従事。1998年より、認知科学の分野で著名なドナルド・A・ノーマン博士とともに、ニールセン・ノーマン・グループを設立し、その代表を務めている。同所では、講演、執筆、コンサルティング活動を通して、主にインターネットを使いやすいものにするための「ウェブ・ユーザビリティのグル(導師)」として幅広く活動している。また最近では、ウェブサイトにおけるユーザビリティの普及を目指して各国を講演して回る「The User Experience Tour」を行うなど、世界的な啓蒙活動を展開している
三好 かおる
広告制作プロダクション勤務を経て、IT関連の海外情報発信を中心に活動している

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ