pagetop

本 ミリタリー・スナイパー 見えざる敵の恐怖

ほしい!に追加 twitter
本-ミリタリー・スナイパー 見えざる敵の恐怖
著者: マーティン・ペグラー (著)
岡崎淳子 (訳)
定価 ¥6,156(税込)
BOOKFANポイント: 285 pt
or
Tポイント: 171 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 大日本絵画
発行年月 2006年 12月
ISBNコード 9784499229210
版型 --
ページ数 279P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

マーティン・ペグラー OFF
岡崎淳子 OFF

内容紹介

従来、アメリカ独立戦争から第二次世界大戦へと続く長い戦史のなかで、狙撃兵の歴史は省略され、顧みられることが少なかった。
その存在意義、言い換えれば有効性は実証済みであったにもかかわらず、20世紀においても、狙撃兵と言えば金で雇われた暗殺者とさして変わらぬ扱いを甘受してこなければならなかった。
狙撃兵の否定しがたい効用を軍部が公然と認めたのは、実にヴェトナム戦争以後のことであり、21世紀の声を聞く頃になってようやく彼らは戦場の重要な専門技術者に昇格したというのが実情だ。
本書は豊富な写真その他の史料を通じて彼ら狙撃兵の歴史を追求し、その誕生と発展から、訓練、兵器と戦術に至るまで詳しく記述する。
さらに、自らの技量と類いまれな勇気をもって戦場に君臨した実在の狙撃兵の回想を通して、その実像に迫る。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

スナイパーとは何か/ライフル銃手の登場 1500‐1854年/南北戦争ならびにヨーロッパの戦争 1854‐1914年/転機の訪れ―第一次世界大戦 1914‐16年/反撃―第一次世界大戦 1916‐18年/ロシアの狙撃兵と、その戦術 1936‐45年/ドイツ軍スナイパーと対ソ戦 1941‐45年/日米対決―太平洋戦争 1941‐45年/西部戦線 1930‐45年/限定戦争 1945‐85年/ヴェトナム戦争―アメリカ没落の元凶/21世紀の展望

著者情報

マーティン・ペグラー
1954年生まれ。ハンプトン校出身、ロンドン大学最大のカレッジたるユニヴァーシティ・カレッジで中世史および近代史の学士号、博物館学の修士号を取得。現在リーズの王立兵器博物館火器部門の主事を務める。1980年代には第一次世界大戦の退役軍人にインタヴューする仕事に携わり、収録したテープはロンドンの大英帝国戦争博物館に収蔵されている。ヨークシャー在住
岡崎 淳子
1961年新潟県長岡市生まれ。明治大学文学部文学科(英米文学専攻)卒業。東京都府中市在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ