pagetop

本 ベルリンの戦い1945

ほしい!に追加 twitter
本-ベルリンの戦い1945
著者: ピーター・アンティル (著)
ピーター・デニス (画)
三貴雅智 (訳)
定価 ¥2,592(税込)
BOOKFANポイント: 120 pt
or
Tポイント: 72 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 大日本絵画
シリーズ名 オスプレイ・ミリタリー・シリーズ 世界の戦場イラストレイテッド 1
発行年月 2006年 06月
ISBNコード 9784499229128
版型 --
ページ数 99P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

ピーター・アンティル OFF
ピーター・デニス OFF
三貴雅智 OFF

内容紹介

1945年春、ソ連軍は西側連合軍に先んじてナチスドイツの首都、ベルリンへあと一歩のところまで迫り、ヒットラー千年帝国の野望はまさに潰えようとしていた。
4月16日、ソ連軍は遂にベルリン作戦を発起し同月25日に首都包囲陣を完成。
その先に待っていたのは、歴史上最も凄惨といわれた市街戦であった。
本書は1945年1月に東部戦線で開始されたソ連軍大攻勢からはじまり、同年4月から5月にかけてくり広げられたベルリン攻防戦を写真と地図、カラーイラストで紹介。
独ソ両軍の部隊編成、攻撃側・防衛側双方が予定していた戦術と戦況の推移を追い、ヒットラーが総統地下壕に入ってから自殺するまでのあいだに地上で何が起こっていたのか、そして首都陥落の日、さらにその後を解説する。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序/年譜/独ソ両軍の司令官たち/両軍の状況/両軍の作戦計画/作戦経過/戦後のベルリン/かつての戦場の現在

著者情報

ピーター・アンティル
国際政治学と国防学をバックグラウンドに持ち、スタフォード大学で国際関係論の文学士、ウェールズ大学付属カレッジで戦略研究論の科学修士を取得。英国国防省の調査助手をへて、1998年から2002年までクランフィールドの安全保障分析官を努め、現在は著述業。英国スウィンドンに在住
ピーター・デニス
1950年生まれ。『Look』誌、『Learn』誌などに影響を受け、リヴァプール・アート・カレッジでイラストレイションを学ぶ。主に歴史を主題とした作品を数多く発表。英国ノッティンガム州に在住
三貴 雅智
1960年新潟県新潟市生まれ。立教大学法学部卒。機械工具メーカー勤務を経て『戦車マガジン』誌編集長を務めたのち、現在は軍事関係書籍の編集、翻訳、著述など多彩に活躍してる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ