pagetop

本 パンター戦車と派生型 1942-1945

ほしい!に追加 twitter
本-パンター戦車と派生型 1942-1945
著者: ヒラリー・ドイル (著)
トム・イェンツ (著)
菊川由美 (訳)
定価 ¥1,404(税込)
BOOKFANポイント: 65 pt
or
Tポイント: 39 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 大日本絵画
シリーズ名 オスプレイ・ミリタリー・シリーズ 世界の戦車イラストレイテッド 11
発行年月 2001年 10月
ISBNコード 9784499227582
版型 --
ページ数 49P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

ヒラリー・ドイル OFF
トム・イェンツ OFF
菊川由美 OFF

内容紹介

本書の主題はパンター戦車とその派生型、つまりパンターのシャシーおよび構成部品を用いたバリエーション、そして固定陣地など他の兵器システムに活用する数多くの試みについての歴史を明らかにすることである。
ドイツ戦車研究の泰斗である著者は、25年を越える調査でパンター戦車系列の設計と製造に携わった諸工場、ドイツ陸軍兵器局および機甲兵総監部から数千点におよぶオリジナル記録を発見。
こうした公文書の研究に加え、現在も保存されている何両ものパンター戦車、ヤークトパンター(パンター駆逐戦車)、ベルゲパンター(パンター回収戦車)を徹底的に調査し、作業をもとにパンター戦車と派生型、さらに概念設計のみで終わった計画車両までを解説。
イタリア本土のドイツ軍防衛ラインに設置し、実戦に使用したパンター砲塔流用の固定陣地が、連合軍の戦車を次々に破壊し、有効に機能したこと、砲兵隊向けに自走砲の計画があったことなど、興味深い事実が明らかにされている。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

パンター戦車の開発/固定陣地/砲兵隊向けの提案/自走砲兵の提案/対空戦車の提案

著者情報

トム・イェンツ
1946年生まれ。世界的に支持されているAFV研究家のひとりであり、ヒラリー・ドイルとコンビを組んだ“Encyclopedia of German Tanks”(日本語版『ジャーマン・タンクス』は小社より刊行)の著者として、とくに知られている。妻とふたりの子供とともに、メリーランドに在住
ヒラリー・ドイル
1943年生まれ。AFVに関する数多くの著作を発表。そのなかにはトム・イェンツとの共著の『ジャーマン・タンクス』も含まれる。妻と3人の子供とともにダブリンに在住
菊川 由美
ミリタリー・モデラーの専門誌『アーマーモデリング』掲載記事の英文解説を担当。また、『深遠なる甲冑模型の世界』『日本の軍装幕末から日露戦争』の和文解説の英訳にも携わる

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ