pagetop

本 通貨外交 財務官の1300日

ほしい!に追加 twitter
本-通貨外交 財務官の1300日
著者: 黒田東彦 (著)
定価 ¥1,836(税込)
BOOKFANポイント: 85 pt
or
Tポイント: 51 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 東洋経済新報社
発行年月 2003年 07月
ISBNコード 9784492681190
版型 --
ページ数 255P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

黒田東彦 OFF

内容紹介

20世紀末のITバブル崩壊後、成長のエンジンを失った世界経済は、グローバル・デフレ突入を目前にしている。
そうした中で、円高・株安に苦しむ日本の通貨当局は、どのような為替政策をとり、先進各国と経済政策の話し合いを重ねてきたのか。
1997年のアジア通貨危機を教訓として強化されたアジア金融協力は、どこまで進展しているのか。
日本の通貨外交の最前線に立ってきた著者が、世界経済の中の「円のいま」を明らかにする。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序章 円とグローバル・エコノミー 円の国際化こそ究極の為替政策/第1章 束の間の明るさをもたらしたIT革命―1999年7月の財務官就任から2000年1月の東京G7まで/第2章 グローバリゼーションとどう向き合うか 国際金融システムの課題―2000年1月から2000年9月のプラハG7まで/第3章 進展するASEAN+3の協力体制―2000年9月から2001年4月のワシントンG7まで/第4章 アジア共通通貨への道―2001年4月から2001年10月のワシントンG7まで/第5章 円安局面の到来―2001年10月から2002年2月のオタワG7まで/第6章 不安定化するドル円レート、日米株価―2002年2月から2002年4月のワシントンG7まで/第7章 鮮明化した世界経済の変調―2002年4月から2002年9月のワシントンG7まで/第8章 グローバル・デフレへの懸念―2002年9月から2003年1月の財務官退官まで

著者情報

黒田 東彦
内閣官房参与。一橋大学大学院経済学研究科教授。1944年生まれ。67年東京大学法学部卒、大蔵省入省。71年オックスフォード大学経済学修士号取得。主税局、国際金融局などを経て、96年財政金融研究所長。97年国際金融局長、98年国際局長。99年から3年半、財務官を務めた

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ