pagetop

本 アメリカの金融政策 金融危機対応からニュー・エコノミーへ

ほしい!に追加 twitter
本-アメリカの金融政策 金融危機対応からニュー・エコノミーへ
著者: 地主敏樹 (著)
定価 ¥3,888(税込)
BOOKFANポイント: 180 pt
or
Tポイント: 108 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 東洋経済新報社
発行年月 2006年 11月
ISBNコード 9784492653890
版型 --
ページ数 321P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

地主敏樹 OFF

内容紹介

本書は、金融危機に陥っていた1990年代初頭から「ニュー・エコノミー」の入り口となった1996年までのアメリカの金融政策運営を総合的にかつ詳細に捉えたものである。
具体的には、1990年、1991年、1992~93年、1994~95年、1996年の各時期について、連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録をもとに、金融不安への対応、自然失業率の低下の学習等をどのように行っていたのかを、リアルタイムで利用可能なデータやテイラー・ルールの計算値との比較から評価している。
また、それぞれの時期に関連するテーマとして、資産価格変動、金融自由化、日本における危機対応、政策ルールと情報公開を取り上げ、考察を行っている。
詳細な議事録のクロノロジカルな分析と、各局面において重要となった課題の計量分析とを交互に織り合わせることによって、グリーンスパン議長という優れた市場エコノミストの下で、1990年代のアメリカの金融政策がどのように成功をもたらしたのかを、本書は明らかにしている。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

戦後の金融政策運営と研究動向/戦後の金融政策運営の概観的検討―時系列データの実証分析/クロノロジーへのイントロダクション/1990年のFOMC―金融システム不安と予想されなかった景気後退/資産価格の変動と金融政策/金融危機下の金融緩和―1991年のFOMC/金融危機と金融自由化―1980~90年代/1992~94年の実質ゼロ金利政策/1980年代後期以後の日本マクロ経済政策―ポリシー・ミックスの検討/1994~95年のFOMC―実質ゼロ金利の出口/政策情報公開促進の効果―金融市場の分析/1996年のFOMC―景気の踊り場:緩和シリーズの終了と様子見/金融政策ルールの現実的側面―学説の展望と日本銀行の情報優位?/政策情報公開と金融政策運営/本書のまとめと教訓

著者情報

地主 敏樹
1959年兵庫県に生まれる。1981年神戸大学経済学部卒業。1989年ハーバード大学Ph.D.現在、神戸大学大学院経済学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ