pagetop

本 物理学者、ウォール街を往く。 クオンツへの転進

ほしい!に追加 twitter
本-物理学者、ウォール街を往く。 クオンツへの転進
著者: エマニュエル・ダーマン (著)
船見侑生 (訳)
長坂陽子 (訳)
定価 ¥2,592(税込)
BOOKFANポイント: 120 pt
or
Tポイント: 72 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 東洋経済新報社
発行年月 2005年 12月
ISBNコード 9784492653609
版型 --
ページ数 423,36P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

エマニュエル・ダーマン OFF
船見侑生 OFF
長坂陽子 OFF

内容紹介

今日では、ウォール街の投資銀行やヘッジファンドの収益の大きな部分が、計量的投資手法やデリバティブ取引からもたらされている。
これらの変動の激しい金融商品をモデル化し、リスク・マネジメントを支えているのが、学問の世界から転進したPh.D.の存在である。
企業の命運や市場の安定性さえもが、しばしば数学モデルに依存するようになっている。
それを担っているのが「クオンツ」すなわち計量ファイナンスの実務家であり、彼らがウォール街という舞台の鍵を握っているのである。
本書は、理論物理学の世界から金融実務の世界に転じ、ゴールドマン・サックスの計量戦略グループを率いるマネージング・ディレクターを務めた、クオンツの中のクオンツであるエマニュエル・ダーマンが描き出した、もう一つのウォール街の物語である。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

二つの文化/親和力/ドッグ・イヤー/ある種の人生/センチメンタルな教育/上級官吏/より高位の世界における知恵/流刑地にて/止まった時間/変身/他の惑星への簡単な旅/環境の影響力/厳しい上司/高度文明社会と不満/暗闇の中の笑い/過ぎし日の雪/偉大なる見せかけ師

著者情報

エマニュエル・ダーマン
コロンビア大学卒業、Ph.D.(理論物理学)。素粒子物理学、コンピュータ科学、ファイナンスに関する数多くの論文を発表し、ブラック=ダーマン=トイ金利モデル、そしてダーマン=カーニ局所ボラティリティ・モデルの共同開発者である。学術研究の後、AT&T社ベル研究所を経て、1985年にゴールドマン・サックス証券会社に転職。1997年にはマネージング・ディレクターに昇格した。数々の賞・表彰を獲得したが、2000年にはサンガードIAFE(国際金融エンジニア協会:International Association of Financial Engineers)の優秀金融工学者賞に輝き、2002年には『リスク』誌のホール・オブ・フェームに輝いた。現在、コロンビア大学金融工学プログラムのディレクターであり、『リスク』誌のコラムニストを務める。また、投資会社のリスク・アドバイザーも勤めている。ニューヨーク市在住
船見 侑生
東京都生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。MBA(ペンシルバニア大学)、翻訳家
長坂 陽子
東京都生まれ。日本女子大学人間社会学部卒業。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ