pagetop

本 「やる気」と「成果」が出る「最強チーム」の成功法則 リンクアンドモチベーション流

ほしい!に追加 twitter
本-「やる気」と「成果」が出る「最強チーム」の成功法則 リンクアンドモチベーション流
著者: 山谷拓志 (著)
定価 ¥1,620(税込)
BOOKFANポイント: 75 pt
or
Tポイント: 45 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 東洋経済新報社
シリーズ名 「やる気」と「成果」が出る
発行年月 2007年 01月
ISBNコード 9784492555712
版型 --
ページ数 197P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

山谷拓志 OFF

目次

第1章 モチベーションをマネジメントするという発想―「やる気」の正体とは何か(モチベーションマネジメントとは/モチベーションエンジニアリングとは)/第2章 モチベーションエンジニアリングという技法―「やる気」を高める診断技術と変革技術(診断技術―モチベーションマーケティング/変革技術1―ヒューマンリソースマネジメント ほか)/第3章 モチベーションエンジニアリングの検証―「最強チーム」はこうしてつくられた(選手のモチベーションを高めるために意識していること/個人の主体性を引き出すチームマネジメント)/第4章 モチベーションエンジニアリングの実践方法―「やる気」と「成果」を高める七つのスキル(ヒューマンリソースマネジメントの実践/コミュニケーションマネジメントの実践)

著者情報

山谷 拓志
株式会社リンクアンドモチベーションスポーツマネジメント事業部長。株式会社ドリームチームエンターテインメント栃木代表取締役社長。1970年東京都生まれ。1993年慶應義塾大学経済学部卒。大学時は体育会アメリカンフットボール部に所属し4年時に学生日本代表に選出される。卒業後は株式会社リクルートに入社、人材総合サービス事業にて営業職、企画職、組織人事コンサルタント職を歴任。同社のアメフトチームであったリクルートシーガルズ(現オービックシーガルズ)に所属し、1996年度と1998年度に日本選手権(ライスボウル)優勝。2000年に同社を退職後は同チームのアシスタントゼネラルマネジャー兼オフェンスコーチとしてチームの独立事業化を推進し2003年に退任、2004年より現職。現在はプロ野球やJリーグ、アマチュアトップチームなど多くのスポーツ組織のコンサルタントを務める。2007年から栃木県にフランチャイズを置くプロバスケットボールチームの代表も兼務。また、慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科非常勤講師、早稲田大学スポーツビジネス研究所客員研究員、(財)日本体育協会指導者育成専門委員、(財)日本サッカー協会スポーツマネジャーズカレッジ委員なども務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ