pagetop

本 エコノミスト南の貧困と闘う

ほしい!に追加 twitter
本-エコノミスト南の貧困と闘う
著者: ウィリアム・イースタリー (著)
小浜裕久 (訳)
定価 ¥3,240(税込)
BOOKFANポイント: 150 pt
or
Tポイント: 90 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 東洋経済新報社
発行年月 2003年 07月
ISBNコード 9784492443040
版型 --
ページ数 420,42P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

ウィリアム・イースタリー OFF
小浜裕久 OFF

内容紹介

本書は、「なぜ貧困はなくならないのか」という開発経済学における一大テーマを、著者の世銀時代の経験をフルに生かしてわかりやすくひも解く。
第1部、第2部では、エコノミストが過去50年間、いかに途上国経済の運営に失敗してきたかをみていく。
第3部では、著者の新しい処方箋が語られる。
すなわち、「貧しい人々には貧しさから抜け出すインセンティブがないことが多く、政府は貧困の罠から抜け出すインセンティブを提供してあげなくてはならない」のである。
「…そして、多くの貧しい国が豊かになりますように」。
本書を締めくくるこの著者の言葉と同じ思いを持つ読者に手にとっていただきたい一冊。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 なぜ成長が重要なのか(貧しい人々を助ける)/第2部 うまくいかなかった処方箋(投資に対する援助/ソローが与えた衝撃―投資は成長の主因にはならない/教育は成果をもたらしたか/コンドームへの資金援助は必要か/借金はしたが成長はしなかった/債務救済の功罪)/第3部 人はインセンティブに反応する(規模に関する収穫逓増の物語―知識の波及、技能のマッチング、貧困の罠/創造的破壊―技術の力/不幸な星のもとに/政府は成長を殺すことがある/汚職と成長/分断された人々/結論―ラホールから)

著者情報

ウィリアム・イースタリー
1957年、ウェスト・バージニア州に生まれる。1985年、MITで経済学博士号(Ph.D.)取得。世界銀行に入行。1985‐87年には西アフリカ、コロンビアの融資担当エコノミストとして、以降2001年まで調査局のシニアアドバイザーとして世界各地を飛び回り、数多くの会議やセミナーに出席し、多数の論文を書くなど、「経済成長分析」の専門家として精力的に活動。2001年世界銀行を退職。現在はニューヨーク大学経済学部教授。そのほかセンター・フォー・グローバル・デベロップメント(CGD)および国際経済研究所(IIE)の非常勤シニア・フェローも務める
小浜 裕久
1949年川崎市に生まれる。1972年慶応義塾大学経済学部卒業。1974年慶応義塾大学大学院経済学研究科修士課程修了。現在、静岡県立大学国際関係学部教授

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ