pagetop

本 巨大銀行の消滅 長銀「最後の頭取」10年目の証言

ほしい!に追加 twitter
本-巨大銀行の消滅 長銀「最後の頭取」10年目の証言
著者: 鈴木恒男 (著)
定価 ¥2,052(税込)
BOOKFANポイント: 95 pt
or
Tポイント: 57 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 東洋経済新報社
発行年月 2009年 01月
ISBNコード 9784492395080
版型 --
ページ数 343P
平均評価
(3)
: 0件
: 0件
: 1件
: 0件
: 0件
ブクレポ 1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

鈴木恒男 OFF

内容紹介

無罪を勝ち得た今こそ語る破錠の真相。
世界金融危機を生き抜く教訓がここにある。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序章 「長銀無罪」への長き道のり/第1章 バブル期の長銀に何が起きていたか/第2章 バブル前史―苦闘の末に/第3章 試行錯誤の不良債権処理/第4章 長期化したグループノンバンク再建/第5章 激流に飲み込まれた長銀/第6章 長銀破錠と米欧の金融危機

著者情報

鈴木 恒男
1942年宮城県生まれ。65年東北大学経済学部卒業。同年日本長期信用銀行入行。大阪支店営業第三部長、企画部企画室長、審査部長を経て、92年取締役事業推進部長(新設された不良債権処理専担本部の初代部長)。その後、営業企画部長(国内融資業務の統括)。95年常務取締役(営業部店担当)。98年8月副頭取・頭取代行。同年9月頭取。長銀の国有化(特別公的管理)に伴い、同年11月解任。現在、会社顧問(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: tm16848 投稿日:2010/10/17

長銀破綻の原因を著者の主観で整…

長銀破綻の原因を著者の主観で整理しており、その真偽は読者側で吟味する必要があるが史実を記した貴重な1冊だと思う。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ