pagetop

本 労使関係のノンユニオン化 ミクロ的・制度的分析

ほしい!に追加 twitter
本-労使関係のノンユニオン化 ミクロ的・制度的分析
著者: 都留康 (著)
定価 ¥3,240(税込)
BOOKFANポイント: 150 pt
or
Tポイント: 90 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 東洋経済新報社
発行年月 2002年 06月
ISBNコード 9784492260661
版型 --
ページ数 237P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

都留康 OFF

内容紹介

ベア・ゼロ、リストラの嵐、組織率低下、無組合企業の増大―長期不況の中で、日本の労働組合は死の淵に立っている。
「退出・発言モデル」の展開と従業員代表制の経済分析など日米欧の労働経済学の最新成果を踏まえながら、労使関係の現状をミクロ的・数量的に解明する。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序章 本書の目的・内容・メッセージ/第1章 現代労使関係への新たな接近―分析枠組みの設定/第2章 日本の雇用システムと労使関係―文脈の再定義/第3章 労働組合組織率はなぜ低下したか―先行研究の批判的評価/第4章 労働組合の賃金効果と発言効果―実証分析/第5章 現代日本の労働組合と組合員の組合離れ―実証分析/第6章 無組合企業の労使関係―先行研究の批判的評価/第7章 無組合企業における発言機構、従業員参加、賃金決定―実証分析

著者情報

都留 康
1954年福岡県に生まれる。1977年大阪市立大学経済学部卒業。1982年一橋大学大学院経済学研究科博士課程単位取得。1982年一橋大学経済研究所講師。1985年同助教授。1985‐87年マサチューセッツ州立大学およびオスナブルュック大学客員研究員。1990年マサチューセッツ工科大学客員研究員。1995年一橋大学経済学研究所教授、現在に至る

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ