pagetop

本 入門ベイズ統計 意思決定の理論と発展

ほしい!に追加 twitter
本-入門ベイズ統計 意思決定の理論と発展
著者: 松原望 (著)
定価 ¥3,456(税込)
BOOKFANポイント: 160 pt
or
Tポイント: 96 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
東京図書
発行年月
2008年 06月
ISBNコード
9784489020360
版型
--
ページ数
218P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

松原望 OFF

内容紹介

いまなぜベイズ統計なのか?ふつうに使われている統計学は数学的、技術的でややもすると無味乾燥のものであるのに対して、ベイズ統計は結果から原因を探ろうとする、より人間の感覚に近い、幅広く理念的側面をもっているのが特徴である。
18世紀の数学者Thomas Bayesが提唱したこの考え方は、いま統計的意思決定の理論として幅広い応用を得て、近ごろますます注目を浴びている。
本書は、理論の理解はもとより幅広い応用例まで、初心者向けにわかりやすく解説したものである。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

ベイズの定理/ベイズ決定の基礎/社会的リスクと決定/ベイズ判別問題とパターン認識/情報検索とベイズ決定/線型回帰モデルのベイズ推定/ベイズ更新とカルマン・フィルター/医学とベイズ決定/医薬とベイズ統計学/信頼性とベイズ統計学/イメージ・プロセシングとベイズ定理/ベイジアン・ネットワーク入門

著者情報

松原 望
1942年東京生まれ。1966年東京大学教養学部基礎科学科卒業。文部省統計数理研究所・研究員。スタンフォード大学大学院博士課程に留学(統計学専攻)。筑波大学社会工学系助教授。エール大学政治学部フルブライト客員研究員。東京大学教養学部社会科学科教授。同大学院総合文化研究科・教養学部教授。東京大学大学院新領域創成科学研究科教授。上智大学外国語学部(国際関係論副専攻)教授。現在、聖学院大学大学院政治政策学研究科教授。東京大学名誉教授、Ph.D.(スタンフォード大学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

病気がみえる vol.11

医療情報科学研究所(編集)


運動機能障害の「なぜ?」がわかる評価戦略

工藤慎太郎(編著)


第1種電気工事士筆記試験すい~っと合格 ぜんぶ絵で見て覚える 2017年版

安永頼弘(共著)


ランキング一覧へ