pagetop

本 青空の卵

ほしい!に追加 twitter
本-青空の卵
著者: 坂木司 (著)
定価 ¥802(税込)
BOOKFANポイント: 37 pt
or
Tポイント: 22 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
東京創元社
シリーズ名
創元推理文庫 Mさ3-1
発行年月
2006年 02月
ISBNコード
9784488457013
版型
--
ページ数
393P
平均評価
(4)
: 3件
: 8件
: 5件
: 0件
: 0件
ブクレポ
7件

新刊お知らせ登録一覧へ »

坂木司 OFF

内容紹介

僕、坂木司には一風変わった友人がいる。
自称ひきこもりの鳥井真一だ。
複雑な生い立ちから心を閉ざしがちな彼を外の世界に連れ出そうと、僕は日夜頑張っている。
料理が趣味の鳥井の食卓で、僕は身近に起こった様々な謎を問いかける。
鋭い観察眼を持つ鳥井は、どんな真実を描き出すのか。
謎を解き、人と出会うことによってもたらされる二人の成長を描いた感動の著者デビュー作。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

著者情報

坂木 司
1969年東京生まれ。2002年覆面作家として『青空の卵』を刊行し衝撃のデビューをかざる。以後『仔羊の巣』『動物園の鳥』を上辞し、鳥井と坂木が活躍する“ひきこもり三部作”を完結させる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: kirie 投稿日:2015/08/07

優しいまなざし

主人公,坂木司の優しい眼差しが心地よい。
引きこもりの友人との不思議な関係も心温まる。
柔らかいボーイズラブかと思ったが(笑)
謎解きは正直どうでも良かった。
二人にまた会いたい。

ニックネーム: p*m 投稿日:2012/08/23

読んでるとお腹すきます。

たまたま見かけた本書のレビューとやたら可愛い表紙につられて思い付き的に購入→しばし積みっぱなし→発掘して読了。よくあることです(笑)。

読み始めてすぐ、まさかうっかりBL本を買ったのかと一瞬思ったけど、そうではないとなるとメインキャラ二人の関係性はコメントに困ります。『キモチ悪い』でも『ピュアだ』でもない、何となくニュートラルっぽい地点で三歩くらい引きつつ傍観するとちょうどいいかもしれない…。

短篇として出てくる様々な人間模様(?)は共感できるものと出来ないものとあったけど、取り敢えず全体の感想として間違いなく面白かったと思うので先も読んでみることにします。

って言うかブクレポ検索してたらコミカライズ版がBLカテゴリーに…。

ニックネーム: Free Style 投稿日:2012/04/18

心優しいミステリー

二人が謎解きをするのは、すべて人間関係に悩む人々の
ドラマなので身近に感じたり、ドキっとさせられたり
自分だったら・・と読みながら色々な想像をしました。

坂木くんの性格のおかげで、個性豊かな登場人物が
どんどん増えていき、ちょこちょこ顔を出す
おもしろいです。

坂木くんと鳥井の関係は複雑・驚きの連続で
もっともっと二人の事が知りたくなりました。

ニックネーム: 時告げる眠り猫 投稿日:2012/01/17

お取り寄せ!!!

坂木司さんのデビュー作です。
家庭の事情でひきこもりになった名探偵の友人が主人公。
主人公は、友人に日常の不思議を相談するすると、事件に発展しその事件をひきこもり探偵がいやいや解決する。
私的な感想ですが、ボーイズラブ的な描写が多々ありますが、感動すること間違いなしです。

ニックネーム: こたろう 投稿日:2011/07/04

今頃ですが、「ひきこもり探偵」…

今頃ですが、「ひきこもり探偵」読んでみました。口当たりのいい、文章でやさしいどこか心の弱った、あるいは病んだ人が出てくるのが現代的なのかな。でもひきこもりという割に鳥井君は社交的だし、口の悪さも特筆ものではないし、何かと言えば説明的な文章が出てくるのが興ざめでした。きっと泣き虫の男が嫌いなんでしょう。ストーリーは結構面白いのにどこか生理的にダメなこたろうでした。相性の問題です。合う人はすごく面白いだろうと思います。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
最高3,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

アキラとあきら

池井戸潤(著)


儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇

ケント・ギルバート(著)


教団X

中村文則(著)


ランキング一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ