pagetop

本 ホペイロの憂鬱 JFL篇

ほしい!に追加 twitter
本-ホペイロの憂鬱 JFL篇
著者: 井上尚登 (著)
定価 ¥669(税込)
BOOKFANポイント: 6 pt
or
Tポイント: 6 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
東京創元社
シリーズ名
創元推理文庫 Mい7-1
発行年月
2010年 07月
ISBNコード
9784488411114
版型
--
ページ数
253P
平均評価
(3)
: 0件
: 0件
: 1件
: 0件
: 0件
ブクレポ
1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

井上尚登 OFF

内容紹介

僕がホペイロ(roupeiro:ポルトガル語で用具係のこと)を務めるJFL所属のビッグカイト相模原は、成績不振なうえ、奇妙な出来事がわんさか起こる。
その度に、クラブのみんなは雑用に追われる僕に、謎解きを押し付けてくる。
選手のスパイク管理が本職なのに。
J2昇格を目指すサッカークラブを舞台に、ホペイロの奮闘を描く、ほのぼの連作ミステリ。
「ホペイロ坂上の事件簿」開幕。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

ブクレポ (レビュー)

ニックネーム: p*m 投稿日:2012/12/03

取り敢えずJ2を目指す。

サッカーのJ2昇格を目指す架空のJFLチームをめぐる日常ミステリー、内容紹介に言わせれば「ホペイロ坂上の事件簿」。

ただし「事件簿」とは言っても血生臭い事件モノでなく、表紙絵のイメージそのままのホノボノまったり系。私はサッカーもミステリーも好物ですがそういうコトは置いといてもなかなか面白かったと思います(実は最初この表紙の「もっさり」感がピンと来なくて買うのを逡巡したのです…)。

雑用ホペイロ(!?)坂上クン始め所属選手やサポ、スタッフ等々、イキイキと個性的な面々の程よいリアリティ。リーグ昇降格のルールなど多少状況が現在と違う部分もありますが、いずれにしても下部リーグ行く程細かい苦労は多いでしょうし、余裕のない中で一生懸命になればなる程こんな小さな悲喜劇(?)も起こっていそう…に思えてきたり(笑)。

そう言えば「連作」とある通り、今後めでたく昇格していく続きがあるようなのでまた読みたいと思います。
うれしい全品送料無料♪全商品1%ポイント還元!
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
電子書籍に自分だけのサインがもらえる!eBookサイン会情報はこちら!
特集一覧へ
ジャンルランキング
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ