pagetop

本 鞄図書館 Volume1

ほしい!に追加 twitter
本-鞄図書館 Volume1
著者: 芳崎せいむ (著)
定価 ¥734(税込)
BOOKFANポイント: 34 pt
or
Tポイント: 20 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
東京創元社
発行年月
2009年 10月
ISBNコード
9784488024482
版型
--
ページ数
1冊(ページ付なし)
平均評価
(4)
: 2件
: 2件
: 0件
: 1件
: 0件
ブクレポ
1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

鞄図書館 OFF
芳崎せいむ OFF
書籍一覧 > 鞄図書館 (1~3巻)

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: ムーミン2号 投稿日:2013/12/20

座右のゲーテ

ついこの前、ランピアンさんと「図書館もの」が多くなった感があるという会話をしたばかりだが、これもそのカテゴリーに入るのだろうか?
建物…いわば不動産としての図書館ではなく、移動可能な「鞄」の中に古今東西のありとあらゆる書物が内蔵されている、という設定の図書館だ。この「鞄」…しゃべる。しかもゲーテ好きで、やたらとゲーテの格言を司書さんに話す。この司書さんは、鞄を持ち歩いていろんな人に中の本を貸し出す役割をしている。ゲーテの格言は時たま、登場人物にも役立ってはいる。
本を借りたい人は、その鞄に直接入る。ただ、入ったら迷宮になっているので、司書さんがロープでつないでくれている。貸出期間は1年間。
蔵書収集は、例えばある図書館が火事になって大切な蔵書が焼失してしまったなどと言う場合、ちょっとタイムスリップしてその火事現場に行き、燃えようとしている本を鞄に収めると元に戻って収蔵されるというような具合。あるいは恋人に、親族に遺したものを収蔵していたりする。もちろん、寄贈も受け入れる。
こんな設定からしてまぁ、現実離れしている。それをすんなり受け入れるこちらも現実離れしているのかもしれない。
ミステリーやSF、ファンタジーの本を出版している東京創元社のコミックで、同社の「ミステリーズ!」という雑誌に連載中のようだ。作者は『金魚屋古書店』の作者・芳崎せいむ、という方(『金魚屋古書店』は未読)。
上記のような設定だから、今までの図書館ものとはちょっと色合いが異なっている。各話はそんなに長くはない。8ページから12ページくらい。ある情景の一部を切り出したような作品が続くが、それでも時に本に対する「思い」が伝わってくるエピソードもある。例えば、少年期からずっとずっと『海底二万里』を借りている人の話とか…。(まぁ、ただ、このエピソードは前後編となっているので、そのくらいの長さがある方が、その「思い」はより伝わってくるみたいだ。)あと、世界一のベストセラーが鞄図書館から借り出されていないはずなのに、見当たらないというエピソードが面白かった。世界第二のベストセラーの主人公・黒猫くんが、世界一のベストセラーにネコが登場しないから面白くないと鞄図書館の中で持ち歩いていた。その世界第二のベストセラーを書いた作家は無類の愛猫家、と知って返してくれた。
流石に連載誌が連載誌だけに、扱われる本もクリスティやハメット、ラヴクラフトにヴェルヌやポー、あるいはレイ・ブラッドベリなど、創元推理文庫に収められている作家の作品が多い。知らなかったのは大阪圭吉という人の『とむらい機関車』という本で、読んでみたくなった。

『図書館の主』第7巻を探している時、たまたま本屋で同じようなところに置かれていたのはこのマンガの第2巻。2巻目から読んでもしようがないので、1巻目のみを求めてみた。何匹目かのドジョウになるか? と期待したが、期待した方向とは違う方にそれたようだ。“それ”ついでに今度は金魚を読んでみよう。本じゃなくてマンガを扱ったマンガらしい。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
10日間の期間限定!最高3,000円分ギフト券プレゼント中!
いよいよ最終週!真夏のポイント50倍カーニバル!
特集一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ