pagetop

本 図説ローマ帝国衰亡史

ほしい!に追加 twitter
本-図説ローマ帝国衰亡史
著者: エドワード・ギボン (著)
吉村忠典 (訳)
後藤篤子 (訳)
定価 ¥7,344(税込)
BOOKFANポイント: 340 pt
or
Tポイント: 204 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 東京書籍
発行年月 2004年 08月
ISBNコード 9784487761753
版型 --
ページ数 593P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

エドワード・ギボン OFF
吉村忠典 OFF
後藤篤子 OFF

内容紹介

巨大な世界帝国はなぜ滅んだのか!ギボンの浩瀚な原典を、ポイントを押さえて短縮化し、テキストに従って、新たに多くの写真・図版・資料を加え、初めてローマ史の専門家があたった画期的な訳業。
1冊で読み切る、ギボンの記念碑的大著。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

アントニーヌス朝時代の帝国の支配領域と軍事力/アントニーヌス朝時代のローマ帝国の一体化と繁栄/アントニーヌス朝時代のローマ帝国の制度/コンモドゥス帝の残忍・愚昧と彼の誅殺(一八〇年~一九三年)/ディディウス・ユリアーヌスへの帝権の競売、セウェールス帝の勝利(一九三年)/セウェールス帝の晩年からセウェールス朝の断絶まで(一九八年~二三五年)/マクシミーヌス帝からフィリップス帝まで(二三五年~二四八年)/デキウス帝以降の諸帝(二四八年~二六八年)/クラウディウス帝とアウレリアーヌス帝(二六八年~二七五年)/アウレリアーヌス帝死後の軍隊と元老院(二七五年~二八五年)〔ほか〕

著者情報

吉村 忠典
1925年、名古屋市に生まれる。1948年、東京大学文学部西洋史学科卒業。現在、横浜国立大学名誉教授。専攻・ローマ史
後藤 篤子
1953年、大分県に生まれる。1984年、東京大学大学院人文科学研究科修了。現在、法政大学文学部教授。専攻・ローマ史

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング