pagetop

本 表象と倒錯 エティエンヌ=ジュール・マレー

ほしい!に追加 twitter
本-表象と倒錯 エティエンヌ=ジュール・マレー
著者: 松浦寿輝 (著)
定価 ¥4,320(税込)
BOOKFANポイント: 200 pt
or
Tポイント: 120 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 筑摩書房
発行年月 2001年 03月
ISBNコード 9784480847072
版型 --
ページ数 314P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

松浦寿輝 OFF

内容紹介

“表象”から“イメージ”へ。
医学・生物学の大家として栄光に輝いたE=J・マレー―西欧近代の“知”の完璧な体現者でありながら近代の閾を越えそこねた生理学者=写真家の実像に迫り、“表象”と“イメージ”の運命を華麗なエクリチュールで透視する渾身の力作。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1 倒錯者マレー(なぜマレーを愛するか/「表象の技師」とその偏執/生命と倒錯)/2 「近代」の閾(言語と言語ならざるもの/空気・浮游・性差/映画装置の勝利と敗北)/3 イメージ、その欲望と倫理(シネマトグラフの手前で/飛ぶ鳥は飛ばず/ゼノンからアルベルティーヌへ)

著者情報

松浦 寿輝
1954年東京生まれ。1976年東京大学教養学部教養学科フランス科卒業。1980年同大学大学院仏語仏文学専攻修士課程修了。現在、東京大学大学院総合文化研究科教授(表象文化論、フランス文学)。詩人。小説家。映画批評家。著書として、『口唇論―記号と官能のトポス』(青土社、1985、新装版1997)、『映画n-1』(筑摩書房、1987)、『平面論―一八八〇年代西欧』(岩波書店、1994、渋沢クローデル賞)、『エッフェル塔試論』(筑摩書房、1995、吉田秀和賞)、『折口信夫論』(太田出版、1995、三島由紀夫賞)、『映画1+1』(筑摩書房、1995)、『文学のすすめ』(編著、筑摩書房、1996)、『青天雨月―エセー』(思潮社、1996)、『ゴダール』(筑摩書房、1997)、『謎・死・閾―フランス文学論集成』(筑摩書房、1997)、『知の庭園―一九世紀パリの空間装置』(筑摩書房、1998、芸術選奨文部大臣賞)など。詩集として、『冬の本』(青土社、1987、高見順賞)、『松浦寿輝詩集』(思潮社<現代詩文庫>、1992)、『鳥の計画』(思潮社、1993)など。小説として、『もののたはむれ』(新書館、1996)、『幽(かすか)』(講談社、1999)、『花腐し』(講談社、2000、芥川賞)など。訳書として、『ヴァレリー全集カイエ篇』第4巻(共訳、筑摩書房、1980)、ジャック・デリダ『基底材猛り狂わせる』(みすず書房、1999)など

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

天文年鑑 2017年版

天文年鑑編集委員会(編)


今日の治療薬2017 解説と便覧


現場で使える新人登録販売者便利帖

仲宗根恵(著)


ランキング一覧へ