pagetop

本 シュタイナー・コレクション 3

ほしい!に追加 twitter
本-シュタイナー・コレクション 3
著者: ルドルフ・シュタイナー (著)
高橋巖 (訳)
定価 ¥2,592(税込)
BOOKFANポイント: 120 pt
or
Tポイント: 72 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 筑摩書房
発行年月 2003年 10月
ISBNコード 9784480790736
版型 --
ページ数 394P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

シュタイナー・コレクション OFF
ルドルフ・シュタイナー OFF
高橋巖 OFF

内容紹介

外なる宇宙に直接導くのは感覚であり、内なる宇宙に直接導くのは感情である。
だが、この感覚と感情こそが、その奥に秘められた宇宙への道を、壁のようにさえぎっているのだ。
外の現実と内の現実に分け入り、その間に橋を架けようとする秘教的な講義『マクロコスモスとミクロコスモス』。
他に補足的な講義1編を収める。
全編本邦初訳。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 マクロコスモスとミクロコスモス(ウィーン)(物質界と霊界/感覚の限界/内面世界の限界/エクスタシー/内への沈潜 ほか)/第2部 感性界、魂界、霊界を巡る輪廻の諸相(一九一〇年三月一九日)(臨死体験/記憶のパノラマ/内が外に変わる/アストラル体の浄化/人生の三段階 ほか)

著者情報

ルドルフ・シュタイナー
1861‐1925。ドイツの思想家。人智学(Anthroposophie)の創始者。クラリェヴェク(現クロアチア領)に生まれ、ウィーン工科大学に学ぶ。1883年から97年、キュルシュナー国民文学叢書のために『ゲーテ自然科学著作集』全5巻を編纂する中で、ゲーテの有機体思想、とくに形態学に深い解釈を加え、新しいゲーテ研究の道を開いた。1902年、神智学協会ドイツ支部設立にあたり、書記長に選ばれたが、以後新しい総合文化の必要を説き、その基礎となるべき人間観や宇宙観を、霊界のヒエラルキア、輪廻転生、存在界の三区分(物質界、魂界、霊界)、死後の世界の存在、等の観点から多面的に論究した。すべての人間の中には、特定の修行を通して高次の認識を獲得する能力がまどろんでいるが、この認識の上に立てばこれらの問題を近代自然科学と同じ厳密さで探究できると主張し、この行法を『いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか』の中で提示する一方、『神智学』と『神秘学概論』の中で、以上の諸問題に近代的な認識批判の立場にとっても受け容れられるような表現を与えようと努めた

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ