pagetop

本 隣のアボリジニ 小さな町に暮らす先住民

ほしい!に追加 twitter
本-隣のアボリジニ 小さな町に暮らす先住民
著者: 上橋菜穂子 (著)
定価 ¥756(税込)
BOOKFANポイント: 35 pt
or
Tポイント: 21 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
筑摩書房
シリーズ名
ちくま文庫 う32-1
発行年月
2010年 09月
ISBNコード
9784480427274
版型
--
ページ数
246P
平均評価
(3)
: 0件
: 0件
: 1件
: 0件
: 0件
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

上橋菜穂子 OFF

内容紹介

独自の生活様式と思想を持ち、過酷な自然のなかで生きる「大自然の民」アボリジニ。
しかしそんなイメージとは裏腹に、マイノリティとして町に暮らすアボリジニもまた、多くいる。
伝統文化を失い、白人と同じように暮らしながら、なおアボリジニのイメージに翻弄されて生きる人々。
彼らの過去と現在をいきいきと描く、作家上橋菜穂子の、研究者としての姿が見える本。
池上彰のよくわかる解説付き。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序章 先住民は遠きにありて思うもの…?/第1章 地方の町のアボリジニ(どの子がアボリジニ?―最初の驚き/伝統文化から遠く離れて―ミンゲニューのアボリジニの今/アボリジニが星の下で生まれていた頃―ローズマリーおばさんの思い出/殺されかけた赤ん坊―ローラの父の話/いまも残る掟)/第2章 港町ジェラルトンのアボリジニ(「良いアボリジニ」と「悪いアボリジニ」/元気なマリアンと娘たち/親族がいっぱい/退屈という闇)/第3章 過去への旅(滅びるか白人になるか/大牧場で生まれて、町へ―ドリーとジョンの物語/枕木の家からの出発―ジェインとマリアンの物語/隔離と同化の狭間で―伝統集団から切り離されたギア一家/「原住民居留地(Native Reserve)」での日々―ローラの物語)/終章 隣のアボリジニ

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
最高3,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

アキラとあきら

池井戸潤(著)


儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇

ケント・ギルバート(著)


教団X

中村文則(著)


ランキング一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ