pagetop

本 言葉を育てる 米原万里対談集

ほしい!に追加 twitter
本-言葉を育てる 米原万里対談集
著者: 米原万里 (著)
定価 ¥799(税込)
BOOKFANポイント: 37 pt
or
Tポイント: 22 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 筑摩書房
シリーズ名 ちくま文庫 よ21-2
発行年月 2008年 09月
ISBNコード 9784480424709
版型 --
ページ数 365P
平均評価
(5)
: 1件
: 0件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

米原万里 OFF

内容紹介

通訳から作家へと転身を遂げつつも、類い希なる言葉の遣い手として人々を魅了し続けた米原万里さんの最初で最後の対談集。
毒舌家でありながら、人間に限りない興味を抱きつづけた人柄が、多彩な対話からあふれ出す。
対談相手は小森陽一、林真理子、児玉清、西木正明、神津十月、養老孟司、多田富雄、辻元清美、星野博美、田丸公美子、糸井重里の各氏。
併せて「素顔の万里さん」(黒岩幸子)を収録。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1(歴史のなかで言葉を育てる―vs.小森陽一/通訳ともの書きの大いなる違い―vs.林真理子/本の数だけ違った人生がある―vs.児玉清/人間のやってることはやっぱり面白い―vs.西木正明/在プラハ・ソビエト学校が私の原点です―vs.神津十月)/2(論理の耳に羅列の目―vs.養老孟司/脳はウソをつくようにできている―vs.多田富雄/成熟社会のための処方箋―vs.辻元清美/人脈だけ旅行鞄に入れて―vs.星野博美)/3(通訳、それは痛快な仕事―vs.田丸公美子/許せる通訳?許せないワタシ?/許せる通訳?許せないワタシ?(ウェブ版)/イタリアの男と日本の男、ここが違う!?)/4(言葉の戦争と平和―vs.糸井重里)

著者情報

米原 万里
ロシア語会議通訳、作家(1950‐2006)。59~64年、在プラハ・ソビエト学校に学ぶ。著書に『不実な美女か貞淑な醜女か』(読売文学賞)『魔女の1ダース』(講談社エッセイ賞)『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』(大宅壮一ノンフィクション賞)『オリガ・モリソヴナの反語法』(Bunkamuraドゥマゴ文学賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング