pagetop

本 わたしは驢馬に乗って下着をうりにゆきたい

ほしい!に追加 twitter
本-わたしは驢馬に乗って下着をうりにゆきたい
著者: 鴨居羊子 (著)
定価 ¥972(税込)
BOOKFANポイント: 45 pt
or
Tポイント: 27 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 筑摩書房
シリーズ名 ちくま文庫 か29-2
発行年月 2007年 01月
ISBNコード 9784480422972
版型 --
ページ数 359P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

鴨居羊子 OFF

内容紹介

思い切って買った、ひとひらの花弁に似たピンクのガーター・ベルト。
「買った翌日から洋服の下につけた。
私の中身はピンク色に輝き、おなかは絶えずひとり笑いをした。
とくにトイレへ行くときがたのしみである。
ぱっとスカートをめくると、たちまちピンクの世界が開ける。
おしっこまでピンク色に染まっているようであった」。
たった一枚の下着による感動が、鴨居羊子の人生を変えた。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

夕刊紙のかけ出し記者/抵抗と希望と情熱/おい、本気か?/のら犬たちが呼んでいる/ピンクのガーター・ベルト/TUNIC LABORATORY/COCO/下着屋三日目/シックスティーン・トーンズ/明治生れの母/スキャンティ生れる/オルフェの鏡/サイコロは投げられた/逆転ゲーム/一坪のオフィス/お茶のカンが金庫/「百に七をかけてごらん」/『下着ぶんか論』を書く/〓〓(みんみん)の夜/集金と預金/男が皮のズボンをはくとき/自信と不安のハプニング“下着ショウ”/各駅停車の東海道/時間借りの縫製室と太陽の船付場/野球と下着/地中海と魔女ルーシーの旅/大人のオモチャ/オフィス、電話、制服、鍵、印鑑/ミス・ペテン展/バラのふるさと/一九〇〇年/海の男/エーゲ海の少年/ギリシァ、スペイン・ショウ/フラメンコの練習/母と鼻吉の死

著者情報

鴨居 羊子
1925‐1991。大阪府に生まれる。読売新聞の記者を経て、1955年女性向下着のデザイナーとして独立、斬新で夢のある商品を送り出し時代の寵児となる。文筆や絵画にも独特の才能をみせた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


ストライク・ザ・ブラッド 16

三雲岳斗(著)


アクセル・ワールド 21

川原礫(著)


ランキング一覧へ