pagetop

本 熊を殺すと雨が降る 失われゆく山の民俗

ほしい!に追加 twitter
本-熊を殺すと雨が降る 失われゆく山の民俗
著者: 遠藤ケイ (著)
定価 ¥972(税込)
BOOKFANポイント: 45 pt
or
Tポイント: 27 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 筑摩書房
シリーズ名 ちくま文庫 え14-1
発行年月 2006年 11月
ISBNコード 9784480422880
版型 --
ページ数 364P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

遠藤ケイ OFF

内容紹介

「熊を殺すと雨が降る」とはマタギに語り継がれる言い伝えである。
山の神が聖なる地を熊の血で穢したことを怒り、雨を降らせて山を清くするという意味だ。
だがマタギは裏の意味も知っている。
熊は雨が降る前に食いだめをするため、この時に撃たれることが多いのだ。
けれどもマタギは言い伝えどおりに記憶する。
神の祟りを畏れたのだ―。
山に暮らした人びとは、生態系の仕組みを科学の目では捉えなかった。
そこに人間が自然と折り合いをつけて生きるための知恵を読み解き、暮らしの原点を克明に描いた快著。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 山の仕事(杣/日傭 ほか)/第2章 山の猟法(熊狩り/猪狩り ほか)/第3章 山の漁法(魚釣り/手掴み漁 ほか)/第4章 山の食事(魚/山獣 ほか)/終章 山の禁忌(口伝)

著者情報

遠藤 ケイ
1944年生まれ。自然のなかで手作り暮らしを実践しながら、日本全国、世界各地を訪ね歩き、人びとの生業や生活習俗を取材。子どもの遊び、野外生活、民俗学をテーマに、絵と文による執筆活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


働く男

星野源(著)


首折り男のための協奏曲

伊坂幸太郎(著)


ランキング一覧へ