pagetop

本 明治国家の終焉 1900年体制の崩壊

ほしい!に追加 twitter
本-明治国家の終焉 1900年体制の崩壊
著者: 坂野潤治 (著)
定価 ¥1,080(税込)
BOOKFANポイント: 50 pt
or
Tポイント: 30 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
筑摩書房
シリーズ名
ちくま学芸文庫 ハ32-1
発行年月
2010年 06月
ISBNコード
9784480092960
版型
--
ページ数
257,4P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

坂野潤治 OFF

内容紹介

「1900年体制」とは、官僚閥の桂太郎と議会第一党・政友会の原敬によって構築された協調体制である。
それは日露戦争後の金融界・産業界・都市部住民の主張を制限し、陸海軍と農村地主の利益を最優先しようとするものだった。
ところが、軍部は陸軍と海軍に、官僚は大蔵と内務・鉄道院に、与党は積極財政派と行財政整理派に分裂し、野党・立憲国民党を巻き込んで政界は四分五裂に陥る。
「民衆運動」もそれに共振し、統治システムの再編は迷走を続けた。
「1955年体制」の崩壊を通奏低音としながら、予算問題の政治対立に焦点を当て、近代日本の臨界点となった「大正政変」の軌跡をたどる。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 桂園時代の成立と展開(桂園時代の開幕/桂園時代下の攻防)/第2章 桂園時代の崩壊(桂園時代の終焉/第二次西園寺内閣の退陣)/第3章 大正政変(大正政変/山本内閣の成立と崩壊)/第4章 大隈内閣の成立と大正政変期の終焉(大隈内閣と世論/増師の実現)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

リバース

湊かなえ(著)


火花

又吉直樹(著)


キリンビール高知支店の奇跡 勝利の法則は現場で拾え!

田村潤(著)


ランキング一覧へ