pagetop

本 数学の自由性

ほしい!に追加 twitter
本-数学の自由性
著者: 高木貞治 (著)
定価 ¥1,404(税込)
BOOKFANポイント: 65 pt
or
Tポイント: 39 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 筑摩書房
シリーズ名 ちくま学芸文庫 タ27-2 Math & Science
発行年月 2010年 03月
ISBNコード 9784480092816
版型 --
ページ数 346P
平均評価
(5)
: 1件
: 0件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ 1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

高木貞治 OFF

内容紹介

和算から洋算へ、時の明治政府は大きく舵を切る。
高木貞治はまさにその時代に生まれた。
帝国大学数学専攻の同学年生はわずか3人。
将来を嘱望されるなか、ヒルベルトのもとへのドイツ留学を経て、相対アーベル体論としての類体論を構築した世界的数学者は、若い数学者を次々と育てるとともに、学生や向学心に燃える人々に数学の魅力を語った。
その語り口には巧まぬユーモアがにじみ出ていた。
本書は60年ぶりに復刊となる同名エッセイ集を中心に、「過渡期の数学」「訓練上数学の価値」や「一数学者の回想」など、大数学者の人となりをうかがわせる作品を集めた。
文庫オリジナル。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

数学の自由性/過渡期の数学/訓練上数学の価値 附数学的論理学/どうすれば数学の力を養うことができるか/自然数論について/数学・世界・像/オイレル方陣について/現代数学の抽象的性格について/数学教育偶感/一数学者の回想/中学時代のこと/明治の先生がた

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: tenkiya 投稿日:2010/10/30

日本の代表的数学者高木貞治が語る数学の魅力

2010年、没後50周年となる日本の数学者高木貞治のエッセイ集。
タイトルの「数学の自由性」は、集合論の創始者ゲオルグ・カントールの言葉「数学の本質はその自由性にあり」からとったものですが、著者はカントールとそう離れた時代の人ではないので、むしろ同時代の数学者の警語を敬意を込めて使ったと思われます。

内容… >>続きを読む
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


すえずえ

畠中恵(著)


首折り男のための協奏曲

伊坂幸太郎(著)


ランキング一覧へ