pagetop

本 美術で読み解く聖母マリアとキリスト教伝説

ほしい!に追加 twitter
本-美術で読み解く聖母マリアとキリスト教伝説
著者: 秦剛平 (著)
定価 ¥1,404(税込)
BOOKFANポイント: 65 pt
or
Tポイント: 39 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 筑摩書房
シリーズ名 ちくま学芸文庫 ハ15-4
発行年月 2009年 12月
ISBNコード 9784480092632
版型 --
ページ数 339P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

秦剛平 OFF

内容紹介

聖書の解説から西洋名画の見方が大きく変わる、楽しい3冊シリーズ。
第3弾は「聖母マリア」篇。
イエスを「神の子」とする解釈はどのようになされたのか、樹木の育たない荒野の中の町・エルサレムではたして十字架を作りえたのか?マリアの処女性を強調する伝説、神とその背後にある「三位一体」説、「神の子殺し」の罪状をユダヤ民族へと巧妙に転嫁した初期キリスト教の物書きたち…。
名画の裏に隠されたキリスト教の衝撃の歴史を読む。
カラー口絵付、学芸文庫オリジナル。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 聖母マリアの誕生物語/第2章 カタコンベとドウラ・エウロポス/第3章 ラベンナのモザイク画―裸のイエス/第4章 「三位一体の教え」と「醜悪なる神」の登場/第5章 聖十字架伝説―十字架の発見物語/第6章 「神の子殺し」の告発と救いのないキリスト教美術/ウェブから世界の名画を引きだそう

著者情報

秦 剛平
1942年生、現在、多摩美術大学教授、オックスフォード大学客員研究員、ヨセフス・セミナー運営委員、ヘレニズム・ユダヤ教部会運営委員(聖書文学協会、アメリカ)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


働く男

星野源(著)


首折り男のための協奏曲

伊坂幸太郎(著)


ランキング一覧へ